「間違った情報を自信たっぷりに言う問題」に対応したAIモデル Googleが発表「Project Tailwind」からブランド名を変更

Googleはノート作成ソフトウェア「NotebookLM」について発表した。生成AI(人工知能)のようにテキストを要約させたり提案をさせたりすることができる。最も大きな特徴は、言語モデルをユーザーごとに「グラウンド」できることだ。

» 2023年07月31日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2023年7月12日(米国時間)、ノート作成ソフトウェア「NotebookLM」について発表した。これは2023年の「Google I/O」で発表された「Project Tailwind」から名前を変えたもので、Google Labsの実験的な製品として展開される。強力な言語モデルを備えており、生成AIのようにテキストを要約させたり提案をさせたりできる。

画像 プレスリリース

ハルシネーションにはグラウンディングで対抗

 Googleは次のように述べている。

 「情報が急激に増加したことで、その扱いに悩む人が増えている。複数のソースから事実やアイデアを統合することは容易ではないし、新しい情報源を見つけても既存の情報とのつながりを作るために時間がかかるという問題もある」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。