デジタル権利団体EFF、「Google Chrome」の「Web Environment Integrity(WEI)」に異議 何が問題?「ユーザーの自律性が最優先されるべき」

Googleの技術者が「Google Chrome」ブラウザへの搭載を提案している「Web Environment Integrity(WEI)」という機能に対し、Electronic Frontier Foundation(EFF)が異議を表明した。

» 2023年08月15日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 米国のデジタル権利団体「Electronic Frontier Foundation(EFF)」は2023年8月7日(米国時間)、Googleの技術者が「Google Chrome」ブラウザへの搭載を提案している「Web Environment Integrity(WEI)」という機能について、異議を表明するブログ記事を公開した。

 EFFはブログ記事の冒頭で、次のように述べている。「GoogleがChromeに追加しようとしているWEIは、ユーザーが使用するOSや他のソフトウェアに関する情報を、改変できない形で送信し、Webサイトと共有するものだ。Googleは、WEIによって広告詐欺を減らせるとしている。だが実際には、これにより、自分のコンピュータに対するユーザーのコントロールできる能力は低下する。“承認された”OSやブラウザを使っていないユーザーのアクセスを、全てブロックするWebサイトも出てくるだろう。また、新しいブラウザの参入障壁も高くなる。Googleの従業員も、WEIに関する非公式な説明の中で、これを認めている」

WEIとはどのようなものなのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。