生成AIはやっぱり「過度な期待」、人工知能やブロックチェーンは「啓発期」に移行  ハイプ・サイクル最新版「日本における未来志向型インフラテクノロジーのハイプ・サイクル:2023年」

ガートナージャパンは、「日本における未来志向型インフラテクノロジーのハイプ・サイクル:2023年」を発表した。新たに「生成AI」「分散型アイデンティティー」など9項目の技術やトレンドが追加された。

» 2023年08月18日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ガートナージャパンは2023年8月17日、「日本における未来志向型インフラテクノロジーのハイプ・サイクル:2023年」を発表した。

画像 2023年版日本における未来志向型インフラテクノロジーのハイプ・サイクル(提供:ガートナージャパン

生成AIと分散型アイデンティティーが「過度な期待」のピーク

 今回追加された技術やトレンドは9項目で、「生成AI」「分散型アイデンティティー(Decentralized Identity:DCI)」「サステナビリティ管理ソリューション」「デジタル免疫システム」「LLM(大規模言語モデル)プラットフォームサービス」「ポスト量子暗号」「空間コンピューティング」「量子機械学習」「商用核融合炉」となっている。これら新項目の中では、生成AIと分散型アイデンティティーが「過度な期待」のピーク期にある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。