2025年までにソフトウェア開発リーダーの半数以上が「生成AIの監督」を任される Gartner倫理的なリスクに備えたガイドライン導入も必要

Gartnerは、2025年にはソフトウェア開発リーダーの半数以上が、生成AIの監督を任されるとの予測を発表した。

» 2023年09月21日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは、2025年までにソフトウェア開発リーダーの半数以上が、生成AI(人工知能)の監督を要求されるようになるとの予測を発表した。

 Gartnerのシニアディレクターアナリストであるハリサ・カンダバッツ氏は「生成AIはテクノロジーの実装に与える影響だけでなく、ソフトウェア開発リーダーの役割も変化させる。チームや人材の管理、倫理規定に関するものも含まれる。リーダーは、このような変化を認識して適応しなければ、大きなハンディキャップを背負うことになるだろう」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。