ニュース
» 2023年11月28日 13時00分 公開

GitHub、「GitHub Copilot Chat」を2023年12月に一般提供開始 教師、学生、人気オープンソースプロジェクトの管理者なら無料“開発者の2つ目の頭脳”をうたう「GitHub Copilot Workspace」も発表

GitHubは生成AIを活用したGitHub Copilot Chatの一般提供を2023年12月に開始すると発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubは2023年11月8日(米国時間、以下同)、2023年12月に「GitHub Copilot Chat」(以後、Copilot Chat)の一般提供を開始すると発表した。GitHub Copilotのサブスクリプションプランの一部として組織および個人ユーザーに提供される予定だ。教師、学生、人気のオープンソースプロジェクトの管理者は無料で利用できるという。

 Copilot Chatはソフトウェア開発を支援する生成AI(人工知能)ツールだ。ソースコードの自動生成や開発者に対する提案、エラーの発見、単体テストの記述、コードのデバッグを支援する。

Copilot Chatの主要機能

GPT-4でCopilot Chatを強化

 OpenAIのGPT-4モデルを活用しており、Copilot Chatの体験が向上する。より正確なコードの提案と説明が提供されるようになるという。

コードを認識したガイダンスとコード生成

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。