「生成AIのガバナンス」を確保するツールセット IBMが提供開始将来のAI規制への対策も視野に

日本IBMは「watsonx.governance」の提供を2023年12月1日に開始した。watsonx.governanceを使うことで、どういったLLMであってもモデルを管理、監視、統制することが可能になるという。

» 2023年12月05日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日本IBMは2023年12月4日、「watsonx.governance」の提供を同年12月1日に開始したと発表した。同社は「AI(人工知能)に関する将来の規制に順守するために必要なツールキットを提供する」としている。

画像 プレスリリース

「検証できない学習データはリスクと複雑性をもたらす」

 日本IBMは「大規模言語モデル(LLM)などを活用した生成AIは、企業に多くのユースケースを提供するものの、インターネットからかき集めた公正性や正確性を検証できない学習データによって最終的には説明可能な出力の欠如につながるなど、新たなリスクと複雑性をもたらす」と指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。