ニュース
» 2023年12月06日 08時00分 公開

C# 12公開 構文の簡素化、実行速度向上などにより生産性が向上Experimental属性とインターセプターによる高速化支援も

MicrosoftはC# 12のリリースを発表した。C# 12では構文が簡素化され、実行速度が向上した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2023年11月14日(米国時間)、C# 12のリリースを発表した。C# 12では、構文が簡素化され、実行速度が向上した。本記事ではC# 12の概要を解説する。

コードの簡素化

 C# 12ではコード簡素化のために、コレクション式、プライマリーコンストラクタ、任意の型のエイリアス、ラムダ式のデフォルトパラメータが導入された。

コレクション式

 従来コレクションを作成するには、以下のように型ごとに異なる構文が必要だった。

int[] x1 = new int[] { 1, 2, 3, 4 };
int[] x2 = Array.Empty<int>();

 しかし、C# 12では[ ]で統一された。上記の構文は以下のようになる。

int[] x1 = [1, 2, 3, 4];
int[] x2 = [];

 コレクション式により単一の構文が使えるだけでなく、コンパイラが高速なコードを作成してくれる。さらに、new spread演算子(「..」)を使用して、コレクション式内に1つ以上のコレクションまたは列挙可能な式の要素を展開できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。