ニュース
» 2023年12月07日 11時00分 公開

Fortinetが考える「1つのOSで守る」という手法アラクサラとの融合も強調

フォーティネットジャパンは2023年12月1日、同社のイベント「Accelerate Japan 2023」に合わせて記者説明会を開催。Fortinetの創業者、取締役会会長 兼 CEOのケン・ジー氏と、2023年7月からフォーティネットジャパン 社長執行役員に就任した与沢和紀氏が登壇し、事業戦略を語った。

[宮田健@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

Fortinet創業者が語る「信頼できる」サイバーセキュリティ

 ジー氏はまず、同氏が考える3つの主要トレンドを提示する。そのトレンドとは「コンバージェンス」「統合」「消費型サービス」だ。

 「あらゆるエッジ、ユーザー、デバイスでセキュリティとネットワークが融合すること、統合型のセキュリティオペレーションによって検知とレスポンスの時間を短縮すること、セキュリティサービスがより消費型になり、サービスプロバイダーによって適用されるというトレンドがある」(ジー氏)

 その上で、これらのトレンドに合う形のプロダクトは、目的ごとに異なるポイントソリューションやソフトウェア、クラウドごとに違うものを適用するのではなく、ネットワークセキュリティ領域において1つのOSでセキュリティを保証することで、利便性を高めるという。

 ジー氏はFortinetの「FortiOS」がファイアウォール、SD-WAN、有線/無線LAN、SASE(Secure Access Service Edge)領域をカバーしていることを改めて強調し、「Fortinetは独自のシングルOSで、これらをフルにカバーできるベンダーだ」と述べた。

ジー氏は、1つのFortiOSでさまざまな領域をカバーできることを強調する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。