ニュース
» 2023年12月08日 08時00分 公開

MetaやIBMなど50以上の組織が、オープンかつ安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を創設50以上の企業、スタートアップ、大学、研究機関、政府機関などが参加

MetaやIBMなど50以上の組織が共同で、オープン、安全で責任あるAIを推進する「AI Alliance」を立ち上げた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 MetaとIBMは2023年12月5日(米国時間)、50以上の創設メンバーおよび協力者と共同で「AI Alliance」を立ち上げたと発表した。

 AI Allianceの立ち上げに加わったこれらの組織には、産業界、政府機関、学界をリードする組織が名を連ねている。AMD、Dell Technologies、Intel、Oracle、Red Hat、ソニーグループ、Hugging Face、Stability AI、Linux Foundation、NASA(米国航空宇宙局)、CERN(欧州原子核研究機構)、コーネル大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、MOCアライアンス(ボストン大学とハーバード大学が運営)、カリフォルニア大学バークレー校、東京大学、慶応大学などだ。

 AI Allianceを構成するメンバーの年間の研究開発費は合計800億ドル以上、メンバーのうち学術機関が支援する学生数は40万人以上、構成メンバー全体のスタッフ数は100万人以上となっている。

 AI Allianceは、「オープンイノベーションに根ざした安全で責任あるAI(人工知能)を推進するために協力する、技術創造者、開発者、採用者のコミュニティー」をうたっており、AIの進歩と活用に関して次のような認識を表明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。