ニュース
» 2023年12月13日 08時00分 公開

「AI活用で2030年までに世界の温室効果ガス排出量の5〜10%を削減できる可能性」Googleが発表AIによる温室効果ガス削減の可能性

Googleは、AIの活用により2030年までに世界の温室効果ガス(GHG)排出量の5〜10%を削減できる可能性があるとするレポートを発表した。本記事ではGoogleのAI活用による温室効果ガス削減策を紹介する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Googleは2023年11月20日(米国時間)、AI(人工知能)は2030年までに世界の温室効果ガス(GHG)排出量の5〜10%を削減できる可能性があるというレポートを公開した。本記事ではGoogleのAI活用による温室効果ガス削減策を紹介する。

AIによる気候変動対策

低燃費ルーティングの提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。