ニュース
» 2024年01月10日 08時00分 公開

「理想は完全テレワーク」は17% パーソルファシリティマネジメントが働き方に関する調査結果を発表「どちらか」ではなく「どちらでも」が重要

パーソルファシリティマネジメントは、働き方に関する調査の結果を発表した。働き方に現実と理想のギャップを感じている人が約7割に上り、ハイブリッドワークを理想の働き方だとした人が約半数を占めた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルファシリティマネジメントは2024年1月9日、20〜50歳代のオフィスワーカーを対象に実施した、働き方に関する調査の結果を発表した。それによると、約7割が「働き方の現実と理想とのギャップ」を感じていた。

オフィス回帰が進む中、働き方の「現実と理想」にギャップが

 現在の出社形態を見ると、最も多かったのが「完全出社」で53%だった。次いで、「週3〜4日が出社で週1〜2日はリモートワーク(テレワーク)」が29%、「週3〜4日はテレワークで週1〜2日は出社」が12%、「完全テレワーク」が7%だった。これに対して理想の出社形態で最も多かったのは「週3〜4日は出社で週1〜2日はテレワーク」の29%だった。次いで「完全出社」(25%)、「週3〜4日テレワークで週1〜2日出社」(24%)、「完全テレワーク」(17%)と続いた。

画像 出社形態の理想と現実(提供:パーソルファシリティマネジメント

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。