ニュース
» 2024年01月23日 08時00分 公開

Microsoft、2024年4月9日に「Visual Studio 2013」サポート終了 影響範囲は? 移行先は?2013用「Visual C++ 再頒布可能パッケージ」など関連製品もサポート終了へ

Microsoftは、「Visual Studio 2013」関連の全てのエディションや製品などのサポートを2024年4月9日に終了すると発表した。「Visual Studio 2019」は同日、延長サポートに移行する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2024年1月2日(米国時間)、「Visual Studio 2013」の全てのサポートを2024年4月9日に終了すると発表した。当該バージョンのVisual Studioユーザーに向けて、Microsoftは生産性と安全性を維持するために「Visual Studio 2022」へのアップグレードを推奨している。また「Visual Studio 2019」は2024年4月9日にメインストリームから延長サポートに移行する。

 Microsoftは、「Visual Studio 2017」やVisual Studio 2019のCommunity Editionを使用している場合も、Visual Studio 2022 Communityへのアップグレードを推奨している。Visual Studio 2022 Communityには、エディタにおける主要な生産性の向上、Gitバージョン管理のビルトインサポートとGitHubとの豊富な統合、AI(人工知能)を利用したコード補完、.NET 8および.NET MAUI用のツールなどが含まれている。

Visual Studio 2013のサポート終了、影響範囲は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。