SIer企業からの案件数が増加、発注単価も上昇傾向 ギークスが「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表一方、IT人材確保が難しい状況は続く

ギークスは「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表した。2023年10〜12月の「案件倍率」は10.67倍。フルリモートワークやハイブリッドワークを受け入れる企業は、ITフリーランスからの人気が集まりやすい傾向があるという。

» 2024年02月16日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

記事の訂正について(2024/2/16 11:08)

2024年2月16日11時08分、「SIer」のスペルが誤っていたため修正しました。

 ギークスは2024年2月8日、「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表した。案件倍率は、ギークスが取り扱う案件の数と案件を探すITフリーランスの人数から算出した値で、同社は「ITフリーランス市場の需給トレンドを表す」としている。2023年10〜12月の案件倍率は10.67倍だった。

画像 ギークスの案件倍率レポート(提供:ギークス

「案件数は3月以降に増加」と予測

 案件倍率の推移として、2023年10月が11.52倍、11月は11.36倍、12月は9.18倍。案件数は対2022年同月比で、10月が156%、11月は146%、12月は170%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。