コンテナとKubernetesについて知っておくべきこと(後編)Gartner Insights Pickup(346)

前編では、コンテナとKubernetesの主なメリットや難しさ、課題、一般的なユースケースについて述べた。後編となる今回は、コンテナ管理の9つの新トレンドについて紹介する。

» 2024年04月12日 05時00分 公開
[Wataru Katsurashima(桂島 航), Gartner]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

ガートナーの米国本社発のオフィシャルサイト「Insights」などのグローバルコンテンツから、@IT編集部が独自の視点で“読むべき記事”をピックアップして翻訳。グローバルのITトレンドを先取りし「今、何が起きているのか、起きようとしているのか」を展望する。

>>〔前編〕はこちら

コンテナ管理の9つの新トレンド

 コンテナ関連技術への関心は高く、Gartnerの顧客企業からの問い合わせは年々増加している。企業は、今後数年間に予想されるコンテナ管理の9つの新たなトレンドや事象に備える必要がある。

ベンダー選択

 多くの企業が迫られるコンテナ管理の主要な判断として、コンテナ管理ベンダーの選択がある。1つの選択肢は、異なるクラウド環境間でシステムやプロセスをある程度共通化できるコンテナ管理ソフトウェアを選択することだ(Red Hat、SUSE、VMwareのソリューションなど)。もう1つの選択肢は、ハイパースケールクラウドサービスプロバイダーのコンテナソリューションを利用することだ。Gartnerは、ハイパースケールプロバイダーのサービスの導入の伸びの方が若干高いと見ている。

AI/ML

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。