日本と中国を含むアジア太平洋地域の生成AI支出、2027年までに260億ドルに IDC予測2022〜2027年の年平均成長率は95.4%に

IDCによると、アジア太平洋地域(日本と中国を含む)では、生成AIの導入がかつてなく急速に進んでいることから、生成AI支出が2027年までに260億ドルに増加し、2022〜2027年の年平均成長率は95.4%に達する見通しだ。

» 2024年04月22日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2024年4月17日(シンガポール時間)、アジア太平洋地域(日本と中国を含む)では、生成AI(人工知能)の導入がかつてなく急速に進んでいることから、生成AI支出が2027年までに260億ドルに増加し、2022〜2027年の年平均成長率は95.4%に達するとの予測を明らかにした。生成AI支出には、AIを中心としたシステムのソフトウェア、サービス、ハードウェアへの支出などが含まれる。

 IDCは、こうした生成AI支出の急増は、この地域が、AIのイノベーションと技術進歩の次の波を推進する重要な役割を担っていくことを浮き彫りにしていると述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。