GitHubのアップデートから読み解くクラウドDevOpsの戦略と動向GitHubとの統合でAzureが優位に

プライベートネットワークのサポートは、AWSやGoogle Cloudでも計画されている。2024年4月上旬のGitHub ActionsアップデートでIT業界ウォッチャーが目にしたのはAzureのパワープレイだ。Azureの現況と、クラウドプロパイダーの動向を深堀りする。

» 2024年05月10日 08時00分 公開
[Beth PariseauTechTarget]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 GitHubの継続的インテグレーション/継続的デプロイメント(CI/CD)ワークフローサービスのホステッドバージョンは、Microsoft Azureのプライベートネットワークへの接続をサポートした。また、GPU上で実行できるようになった。これは、より大規模でセキュリティ意識の高い企業をターゲットとした一連のアップデートの一部だ。

 GitHubの「GitHub Actions」ランナーは、CI/CDワークフロー内のビルドからテストに至るまでの複数のジョブを実行する。これまでは、ユーザーが自身でホストするランナーなら、Azureのプライベートネットワーク内で実行するように構成できた。だが、GitHubがホストするランナーでは、共有ネットワークを使用しなければならなかった。今回のアップデートにより、ユーザー既存のネットワークセキュリティポリシーに基づいてAzureのストレージアカウントやデータベースにGitHubのアクションから自動的にアクセスできるようになるだけではなく、VPNゲートウェイやMicrosoftの「Azure ExpressRoute」接続を介してオンプレミスのリソースにも設定を個別に用意せず、自動的にアクセスできるようになる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。