IBM、サブスクでフラッシュストレージ環境を提供する新プログラム「IBM Storage Assurance」を発表ストレージシステムの所有、管理がよりシンプルで効率的に

IBMは新たなストレージサービスプログラムとなる「IBM Storage Assurance」を発表した。定期的なハードウェアとソフトウェアのアップグレードに加え、プレミアムレベルのエキスパートケアサポートをサブスクリプションで提供する。

» 2024年05月14日 17時30分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2024年4月25日(米国時間)、新たなストレージサービスプログラムとなる「IBM Storage Assurance」を発表した。IBM Storage Assuranceは、ハードウェアとソフトウェアのアップグレード、プレミアムサポート、サービス品質の保証を提供するサブスクリプションサービスだ。

 FlashSystem 5300、7300、9500モデルを含む、IBM FlashSystemのハードウェアおよびソフトウェアをサポートする。ストレージシステムの管理と運用をより簡単にし、そのストレージリソースを効果的に長く活用できるようにすることを目指すものだと、IBMは述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。