Wasmer、サーバレスプラットフォーム「Wasmer Edge」のコールドスタート高速化機能を発表アプリケーションのスナップショットを作成し、高速起動に利用

Wasmerは、Wasmer EdgeのInstaboot機能(β版)を発表した。サーバレスのクラウドプラットフォームで大きな問題となる場合があるコールドスタート時間を大幅に短縮する機能だ。

» 2024年06月25日 08時00分 公開
[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 WebAssembly(Wasm)ランタイムを開発するWasmerは2024年6月21日(米国時間)、同社のサーバレスアプリケーションプラットフォーム「Wasmer Edge」の「Instaboot」機能(β版)を発表した。サーバレスのクラウドプラットフォームで大きな問題となる場合があるコールドスタート時間を大幅に短縮し、大規模アプリケーションの保守と運用コストを大幅に簡素化する機能だ。

 コールドスタートは、コンピュータの電源遮断後、ハードウェアが初期化された状態から起動することを指す。

 InstaBootは、完全に初期化され、リクエストに対応できる状態にあるアプリケーションのスナップショットを作成することで、高速起動を可能にする。

コールドスタート高速化機能「InstaBoot」とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

スポンサーからのお知らせPR

注目のテーマ

AI for エンジニアリング
「サプライチェーン攻撃」対策
1P情シスのための脆弱性管理/対策の現実解
OSSのサプライチェーン管理、取るべきアクションとは
Microsoft & Windows最前線2024
システム開発ノウハウ 【発注ナビ】PR
あなたにおすすめの記事PR

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。