• 関連の記事

「ブロックチェーン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブロックチェーン」に関する情報が集まったページです。

NFTマケプレ「OpenSea」ユーザーのメルアド流出 メール配信業者の従業員が不正に持ち出し
NFTマーケットプレイス「OpenSea」ユーザーのメールアドレスが流出した。メールマーケティングサービスを提供する米Customer.ioの従業員が、OpenSeaユーザーなどのメールアドレス情報を不正にダウンロードし、外部に送信していた。(2022/6/30)

中国のブロックチェーン活用事例は世界とは違う? 中国が目指す未来の世界とは
暗号資産取引を2021年に「全面禁止」した中国だが、ブロックチェーンの社会実装は進んでいるようだ。世界各国とは違う形で進化する中国のブロックチェーン事情を解説する。(2022/6/30)

ネックはどこに?:
「Web3.0はうちじゃ無理なの?」 日本企業の多くが頭を抱えている“超現実的”な理由
「NFT」「ブロックチェーン」「メタバース」といったWeb3.0関連のテーマ。これらは、自社のビジネスモデルに大きな影響を与える可能性があるが、うまく取り組めない日本企業も多い。その理由は?(2022/6/30)

「ゲームのお金が本物だったらいいのに」を実現する「Axie Infinity」 一方で参加には注意も
ゲームで生計を立てることも夢ではない時代が来ている。Web3が生み出した「GameFi」とは私たちの生活をどのように変えるのか。Axie Infinityの特徴と注意点を解説する。(2022/6/28)

KADOKAWA・グッスマなど4社、NFTサービスの新会社「オデン」設立
サミーとKADOKAWA、グッドスマイルカンパニー、ウルトラスーパーピクチャーズの4社がNFTサービスを企画・開発・運営する新会社「ODEN(オデン)」を共同で設立した。(2022/6/27)

「Dmail」はビジネスの安全性を高めるか ビジネス向けサービス提供予定
「Google Gmail」「Microsoft Outlook」「Apples iCloud Mail」など多くのメールサービスがある。これらの共通点は全て特定企業の管理下にあるサーバで保管される点だ。「急にアカウントが閉鎖される」「サービス終了で利用不可」といった不安を解消する可能性を持つ「Dmail」とは。(2022/6/24)

デキるITビジネスパーソンの常識クイズ:
日本でも新規参入が相次ぐ「NFT」って何の略?
デキるITビジネスパーソンなら誰もが知っている基礎知識をクイズ化。「NFT」は何の略?(2022/6/23)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【中編】
ソフトウェア開発者はもう不要か 「AIによるソースコード生成」の衝撃
ソフトウェア開発者にとって、技術の進化への追従は重要だ。単に新技術に関するスキルを身に付ければよいというわけではない。技術進化が「ソフトウェア開発」という仕事そのものに及ぼす影響も注視する必要がある。(2022/6/23)

「時は金なり」を立体化したら?:
アート作品「時間を買える貯金箱」が話題 ダイソー時計と“ラズパイ”を活用 制作者の思いを聞いた
「時間を金で買う行為を立体化した」とするアート作品がTwitterで注目を集めている。制作者に作品に込めた思いを聞いた。(2022/6/23)

メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」結成 MetaやSIE、W3Cなど33団体
メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」が結成された。Microsoft、Meta、SIEなどの企業の他、W3Cも創業メンバーだ。「スノウ・クラッシュ」のニール・スティーブンソン氏が共同創業したブロックチェーン決済企業も参加する。(2022/6/22)

MVNOに聞く:
「端末としての利益はほぼ出ない」 トーンモバイルが約2万円で5Gスマホを提供する狙い
ドコモのエコノミーMVNOに参画したトーンモバイルが新たに投入した5Gスマートフォンが「TONE e22」だ。さらに、「5G時代のスマホ生活を先取りできる実証実験」として、「TONE Labo」も開始した。実証実験のため料金は無料で、加入すると1万円の端末割引を受けられて2万1780円で購入できるが、端末としての利益はほぼでないという。(2022/6/22)

「Web 3.0」の「3大リスク」【前編】
「Web 3.0」(Web3)で仮想通貨を奪う“4つの手口”とは?
次世代インターネット「Web 3.0」の具現化が急速に現実味を帯びている。さまざまなメリットの裏面にはリスクも潜む。Web 3.0を安全に活用するにはどうすればいいのか。(2022/6/21)

メルカリの売上金をビットコインに 1年以内めどに開始へ
「メルカリ」の売上金やポイント、「メルペイ」の残高を使ってビットコインの取引ができる機能を提供へ。(2022/6/20)

メルコイン、暗号資産交換業の登録完了 23年夏までにビットコイン取引提供
メルカリ子会社のメルコインは6月17日付で、暗号資産交換業の登録を完了したと発表した。2023年度(22年7月〜23年6月)中に、メルカリの売上金やポイント、メルペイ残高を使ってビットコイン取引などを可能にする。(2022/6/17)

Samsung、暗号通貨もサポートする「Samsung Wallet」を欧米で提供開始
Samsungが「Apple Wallet」や「Google Wallet」のような「Samsung Wallet」を発表した。米国や一部の地域のGalaxyユーザー向けに提供を開始する。クレジットカードや飛行機の搭乗券だけでなく暗号通貨もサポートする。(2022/6/17)

Restaurant Dive:
「猫も杓子もメタバース施策」の中で手を出したピザハットは結果を出せるか
ピザハットはメタバース業界への参入を発表した。メタバースといったデジタル体験の新奇性が薄れる中、同社はどのような戦略を展開するのか。(2022/6/17)

AWS、Azure、Google Cloudの対抗馬となるか? Web3時代の新クラウド「Dfinity」とは
巨大IT企業が提供するクラウドサービスは今や企業にとって欠かせない。一方で未来に向けてWeb3の強みを生かしたクラウドサービスも登場する。新たなクラウドサービス「Dfinity」はどのように社会を創造するのか。(2022/6/16)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
リアルマネートレードを収益化? スクエニがブロックチェーンゲームの本命といわれるワケ
決算書といえば投資やビジネス視点で見るイメージがあると思いますが、より一次情報に近い経済ニュースでもあります。今回取り上げるのは、スクウェア・エニックス・ホールディングス(以下スクエニ)です。ご存じの通り、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーで知られている企業です。(2022/6/15)

YouTubeは古くなる? Web3時代の動画配信プラットフォームとは
「Roadstead」は2022年8月下旬リリース予定の動画配信プラットフォームだ。動画の視聴だけでなく、NFTとして動画を購入し、自分だけのオンラインシアターが作れる。従来の動画配信プラットフォームからの変化を解説する。(2022/6/15)

医療機器ニュース:
医用画像におけるAIの開発活用を目的とした技術研究組合を設立
東京大学は、CT検査やMRI検査などの医用画像分野におけるAIの開発、活用を目的として、ソフトバンク、ヤフー、クリプタクトなどと「医用画像通信技術研究組合」を設立した。(2022/6/13)

スケブが表現の自由のための「スケブコイン」を発行 9月にZaifでの取引開始を目指す
「NFTに関する事業に今後も関与する予定はない」(2022/6/11)

スケブが暗号資産「Skeb Coin」開発へ “クレカの表現規制問題”に突破口 NFTには「関与しない」
スケブが、暗号資産「Skeb Coin」を開発すると発表した。表現の自由が保障される決済手段として9月の取引開始を目指す。(2022/6/10)

「GMO Web3株式会社」設立へ Web3ベンチャー支援専門CVC
GMOインターネットは、Web3ベンチャー支援に特化したハンズオン型コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)として、新会社「GMO Web3株式会社」を6月下旬に設立する。(2022/6/9)

Marketing Dive:
メタバースのビッグウエーブに乗り遅れまいと先走る企業が頭を冷やしてまず考えるべきこととは?
メタバースに必死過ぎる企業はまず、そこでブランドの安全をいかに守るかということを考えた方がいい。(2022/6/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「歩いて稼げる」STEPN、崩壊論高まる 大物投資家のSNSが中国封鎖引き金か
現実世界で歩いた分だけお金が稼げる「STEPN」は、世界で200〜300万ユーザーを獲得した注目のブロックチェーンゲームだ。しかし5月末に中国ユーザーの規制が発表されると、ゲーム内のNFTやトークンの価値は数日で暴落。とはいえ中国当局に目をつけられないよう先手を打ち、うまく対処している。(2022/6/9)

ソフトウェア開発者「勝ち残りスキル」の新常識【前編】
“コーディングができるだけのソフトウェア開発者”はもう要らない
企業がソフトウェア開発者の採用を推し進める中、ソフトウェア開発者が採用を勝ち取るには、ただ「コーディングができる」だけでは足りないと考える向きがある。ソフトウェア開発者が身に付けるべきスキルとは。(2022/6/9)

政府デジタル重点計画、Web3.0推進へ改定
政府は、デジタル社会を実現するための政策を示した「重点計画」の改定版を閣議決定した。ブロックチェーン技術を基にした新しいインターネットサービス「Web3.0」の推進などを新たに盛り込んだ。今後は年内にもWeb3.0の課題をとりまとめる方針だ。(2022/6/8)

日銀CBDC、DCJPY、JPYCの違いは? デジタル通貨の種類と仕組みを解説
通貨のデジタル化が進んでいる。日本国内でも複数のデジタル通貨が存在するがその違いは何なのか。(2022/6/9)

マルチクラウドアクセスを想定、CIEMも提供:
MicrosoftがIDガバナンスを強化へ セキュリティ新ブランド「Microsoft Entra」発表
Microsoftは、ID管理とアクセス管理の新たな製品群「Microsoft Entra」を発表した。既存のAzureADに、新たにCIEMや分散型ID管理を加え、IDガバナンスソリューションとして統合する。(2022/6/3)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「Web3」で勝てるのか 残念ながら「前途多難」
自民党が「岸田トークン」の配布で「Web3」に乗り出そうとしている。これまでインターネットなどで遅れてきた日本に、「Web3」で勝算はあるのだろうか。現時点で見えている課題は……。(2022/6/2)

「リヴリーアイランド」のココネ、週休2.5日制度を導入 将来の週休3日制見据え
アプリ開発などを手掛けるココネは1日から週休2.5日制を全社的に導入した。将来の週休3日制も見据えている。(2022/6/1)

野村とLINE証券、利率2.5%の個人向けデジタル社債 狙いは若年層向けマーティング
野村證券とLINE証券は5月31日、個人向けの公募引受型デジタル債を手掛けると発表した。投資運用会社のスパークス・グループが発行した社債を、野村證券が引き受けBOOTRYのブロックチェーンプラットフォームibetを用いてデジタル化。LINE証券が、個人投資家向けに販売する。(2022/5/31)

なぜ米国企業のAI活用は停滞しているのか? PwCが考える“2つ”の仮説
PwCは「2022年AI予測調査日本版」を公開した。同調査からは日本企業と米国企業のAI活用の現状と両社の進んでいる点、遅れている点が明らかになった。日本企業がAI活用でまず始めるべきこととは。(2022/6/1)

Web3って本当に大丈夫? DeFi、NFT領域で違法行為が増加
ブロックチェーンによる取引情報は改ざんできないため、その技術を応用したサービスのセキュリティは強固なイメージがある。だが、実際には多くの違法行為が起きている。今狙われる領域はどこなのか、暗号資産に関する調査レポートを基に考える。(2022/6/2)

「フードテック」攻略の鍵はサステナビリティと価値観の多様化
「フード(=食)」と「テクノロジー」を掛け合わせたフードテック分野への投資が、近年活発化してきている。フードテック躍進の背景には、食分野における2つのメガトレンドがドライバーとして作用している。(2022/5/30)

政府“骨太の方針”にWeb3.0環境整備を明記へ
政府が6月に策定する経済財政運営の指針「骨太の方針」で、Web3.0の推進に向け環境を整備する方針を盛り込むことが分かった。各国で取り組みが進む中、日本の出遅れを防ぎ競争力を高める。(2022/5/27)

グローバル規模のレポートに日本独自の視点を追加:
目の前の変化を見逃すな デロイト トーマツが「技術の最新トレンド」を解説したレポートを発行
デロイト トーマツ グループは、「Tech Trends 2022 日本版」を発行した。7つのトレンドを取り上げ、データやブロックチェーンを活用した「新たなビジネスモデルの可能性」や、今後数年の間に普及期を迎えると予想される技術の方向性などについて考察したという。(2022/5/27)

DAOとは? Web3に投資する元gumi國光氏に聞いた
注目を集めるWeb3はどう私たちの生活を変えるのか。Web3で生まれる新たな仕組みを理解し、近い未来に備えよう。(2022/5/26)

製造マネジメントニュース:
半導体サプライチェーンを脅かす模倣品問題、SEMIがブロックチェーン管理を規格化
半導体関連の国際業界団体であるSEMI(Semiconductor Equipment and Materials International)の日本組織であるSEMIジャパンは2022年5月24日、半導体の模倣品対策としてブロックチェーンを活用して管理する仕組みの規格化について説明した。(2022/5/25)

SEMIが規格策定に向け準備中:
深刻な半導体模倣品問題、ブロックチェーンで対策へ
半導体不足が続く中、半導体デバイスの模倣品が市場に流通するという問題が深刻化している。業界はどのような手を打てるのか。半導体の業界団体であるSEMIジャパンは2022年5月24日に開催した記者説明会で、ブロックチェーンの適用など、模倣品対策の規格化を進めていると語った。(2022/5/25)

Web3とは何か? 5分で分かる「NFT」「DeFi」「DAO」
Web3は今までのWebサービスと何が違い、どのような社会を実現するものなのか。Web3を構成する要素として注目を集める「NFT」「DeFi」「DAO」とは何か。(2022/5/25)

ビットバンク、三井住友トラストと仮想通貨カストディ参入 鶏が先か卵が先か?
仮想通貨交換業を営むビットバンクは5月24日、仮想通貨などデジタルアセットに特化した信託会社の設立を、三井住友トラスト・ホールディングスと共同で進めていくと発表した。機関投資家や事業会社向けにデジタルアセットを保管・管理する、いわゆるカストディ業務を行う。(2022/5/24)

第3回 ブロックチェーンEXPO:
国産ブロックチェーン、フェルメール鑑賞の限界に挑むNFT――知っておきたいブロックチェーン最新トレンド
AIやブロックチェーンなどの最新テクノロジーを集めた展示会「NexTech Week 2022 春」が開催された。「ブロックチェーンEXPO」ゾーンではこれまでのブロックチェーンの課題を克服する「国産ブロックチェーン」や、新しい美術鑑賞の在り方を提案したNFTなどが注目を集めていた。(2022/5/23)

本田雅一の時事想々:
ネットカジノに消えた4630万円 「仮想通貨で隠蔽」は可能なのか?
阿武町が、総額4630万円の給付金を一人の男性に誤送金してしまった問題が連日、報道されている。容疑者はネットカジノでお金を使い果たしたとされている一方で、使わないまま資産を隠した可能性も考えられる。ネットカジノを経由して、マネーロンダリングをすることは可能なのだろうか。ITジャーナリストの本田雅一氏が考察する。(2022/5/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
6兆円が消えた「LUNA-UST騒動」 危ないステーブルコインの特徴
価格変動リスクが低いとされた、USTとよばれるステーブルコインと、そのトークンであるLUNAの崩壊によって、6兆円もの価値が暗号資産市場から消え去った。結局のところ、「どれくらいその資産が信頼できるか」の度合いが高いほど「利回りは低く」なり、その度合いが低ければ「利回りが高くなる」。(2022/5/20)

Web3が切り開く新しい国家とは? 書評『僕たちはメタ国家で暮らすことに決めた』
Algaは、ブロックチェーン技術をフル活用することで不正をゼロにし、最も公正な民主主義を実現するためのツールとして作られた。Algaを導入したマイクロパブリックでは、Algaの仕組みにより横領はできず、腐敗も起きず、自治のコストは下がる。(2022/5/20)

シリコンバレーから見た風景:
Blockの「Cash App」で体験する、日本がまだ知らないP2Pペイメント 根性バーガーから広がった未知の世界
Twitter共同創業者であるジャック・ドーシー氏の会社Block(旧Square)の「Cash App」は日本未導入。このサービスを使ってみた。(2022/5/19)

メルカリがNFT事業に本気 その目的と「その次」の事業展開を聞いた
フリマアプリを提供する「メルカリ」はブロックチェーン技術の大衆化に取り組んでいる。その鍵を握るのは、メルカリが提唱するWeb2.5というハイブリッドなサービス形態だ。(2022/5/19)

Payments Dive:
Mastercardがスタートアップを支援 フィンテック有望企業8社を見る
Mastercardは2014年からスタートアップのフィンテック企業を支援している。今年選出された8社をみれば、今後のフィンテックの方向性を知る一助となるはずだ。(2022/5/19)

ITワード365:
【ITワード365】ブロックチェーン/DX/オープンデータ/データレイク/Arm/Windows 365/フェムテック
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語でけむに巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。(2022/5/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。