• 関連の記事

「エンタープライズ市場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エンタープライズ市場」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

製造マネジメントニュース:
富士通がCohereと独自LLM「Takane」開発 大企業向けの生成AI提供力強化へ
富士通はエンタープライズ向けのAIを提供するCohereと戦略的パートナーシップを締結することを発表した。(2024/7/17)

PR:Synologyがエンタープライズ向けに企業のデータ保護を合理化する、新しい「ActiveProtectアプライアンス」を発表
台湾に本社を置くストレージベンダーのSynology(シノロジー) が、企業や組織のデータ保護に関する新ソリューション「ActiveProtect アプライアンス」を発表した。従来のソリューションと何が違うのか? インタビューを通じて中身を紹介しよう。(2024/6/12)

ウエスタンデジタル、エンタープライズ向けSSD/HDDのラインアップを拡充 16TB U.2 SSDなどのサンプル出荷を開始
ウエスタンデジタルは、エンタープライズ向けSSD/HDDの製品ラインアップ拡充を発表した。(2024/6/11)

人工知能ニュース:
GlobalLogic、大企業向けのAI導入支援アーキテクチャを発表
日立製作所の米国子会社GlobalLogicは、エンタープライズ規模の企業を対象としたAI導入を支援するためのアーキテクチャ「Platform of Platforms」を発表した。(2024/4/23)

ハイブリッドクラウド時代に「ニュートラル」を貫く意義:
PR:なぜキンドリルはエンタープライズITの変革に強いのか 独自の立ち位置の強みとは
ハイブリッドクラウド化に向かうエンタープライズITのモダナイズにおいて、キンドリルが独自の立ち位置を獲得しつつある。その鍵を握るのがITベンダーとのアライアンスに対する姿勢と独自のソリューション開発だ。中心人物に話を聞いた。(2024/4/17)

「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づく:
Canonical、CNCF準拠の新たなk8sディストリビューション「Canonical Kubernetes」のβ版を公開
Canonicalは新たなKubernetesディストリビューションである「Canonical Kubernetes」のβ版を公開した。「Charmed Kubernetes」「MicroK8s」の経験に基づき、開発者が求める迅速な環境構築とエンタープライズ向けの自動化機能やセキュリティ機能の両方を提供するものだという。(2024/4/9)

Seagate製の高信頼HDD「IronWolf Pro」24TBモデルの国内販売が開始
Seagate Technologyは、エンタープライズ向け高信頼HDD「IronWolf Pro」24TBモデルの国内販売開始を発表した。(2024/3/11)

PR:Macを含めたコラボレーションも快適に! QNAPのThunderbolt 4対応オールフラッシュAI NAS「TBS-h574TX」でシームレスなデータ共有を実現
写真や動画といったコンテンツ制作において、複数人でチームを組んで作業する場合に悩ましいのが「ファイルの共有」だ。エンタープライズ向けと同等のパフォーマンスと信頼性備えながらも、中小規模のオフィスでも導入しやすいQNAPのThunderbolt 4対応オールフラッシュAI NAS「TBS-h574TX」を使うと、その悩みを解決できる。(2024/3/6)

AIワークフローのセットアップ、開発、移行の簡素化、迅速化を支援:
「NVIDIA AI Workbench」のβ版が登場 AI/MLプロジェクトのエンタープライズ対応ツールキット
NVIDIAは、GPUシステムでAIやMLプロジェクトを開発するためのエンタープライズ対応ツールキット「NVIDIA AI Workbench」のβ版をリリースした。(2024/2/5)

生成AI「だけ」では業務は回らない 「OCI Generative AI」はエンタープライズのユースケース網羅をねらう
ミッションクリティカルなエンタープライズアプリケーションと生成AIエンジンの両方を持つことが強み――。Oracleがデータベースとアプリケーション、買収したAI Techを生かして事業をドライブさせようとしている。(2024/2/5)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
「作るAI」と「使うAI」に 日本オラクル社長に聞く「生成AIで起こる2つの加速」
2024年を「エンタープライズ向け生成AI元年」と位置付けている日本オラクル。生成AIが今年どのように飛躍するのか、三澤智光社長に聞いた。(2024/1/15)

Weekly Memo:
SAPジャパン社長が「2024年は“ビジネスAI元年”になる」と宣言 その根拠を聞いてみた
2023年もあとわずか。2024年、企業のIT活用はどのように変化して進化していくのか。企業の基幹業務を担うERPをはじめとするエンタープライズアプリケーション市場をリードするSAPジャパンの鈴木洋史社長の話から探った。(2023/12/25)

ドローン:
ブラウザからドローン「Skydio X10」を遠隔操作する専用ソフト、2024年度上期に提供開始
Skydioは、エンタープライズ向けドローン「Skydio X10」の遠隔飛行用ソフトウェア「Skydio Remote Flight Deck」を発表した。(2023/11/15)

Windows PowerShell基本Tips(88):
【 New-MgUserAppRoleAssignment 】コマンドレット――Microsoft Entra ID(旧Azure AD)エンタープライズアプリケーションのアクセス許可を設定する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「New-MgUserAppRoleAssignment」コマンドレットを解説します。(2023/11/10)

Windows PowerShell基本Tips(87):
【 Get-MgApplication 】コマンドレット――Microsoft Entra ID(旧Azure AD)に登録されたエンタープライズアプリケーションの一覧を参照する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-MgApplication」コマンドレットを解説します。(2023/10/20)

独自のデータをIBMの基本モデルに持ち込める:
IBM、エンタープライズ向け生成AI「watsonx Granite」のモデルが一般利用開始に
IBMは、生成AIモデルのコレクションである「watsonx Granite」シリーズの最初のモデル群を一般提供すると発表した。(2023/10/19)

ドローン:
米Skydio、自律飛行AIの改良と上空5G/LTE通信に対応した「Skydio X10」を発売
Skydioは、エンタープライズ向けドローン「Skydio X10」を上市した。最新モデルは、4800万画素のズームカメラや5000万画素の広角カメラ、解像度640×512ピクセルの放射分析サーマルカメラを備える。(2023/10/16)

ドローン:
高解像度カメラと高い自律性を有する、エンタープライズ向けドローン発売
Skydioは、エンタープライズ向けドローン「Skydio X10」を発売した。高解像度カメラを搭載し、AIにより安定した自律飛行ができる。モジュラー型設計のため、状況に応じてセンサーを自由に組み合わせて利用できる。(2023/10/4)

経産省の和泉氏が語る「競争力強化に向けたエンタープライズIT」
デジタル化を標ぼうする企業は多いが、ビジネスで成果を出すという本来の目的に資するものになっているのだろうか。そうでないのであれば、企業は競争力強化に向けてどのようなデジタルアーキテクチャを構築すべきなのか。(2023/9/29)

SaaS管理のジョーシス、135億円調達 国内エンプラ市場に本腰 攻略の足掛かりは
ラクスルグループで、SaaS管理サービスを手掛けるジョーシス(東京都品川区)は9月6日、135億円の資金を調達したと発表した。資金は国内エンタープライズ市場の攻略などに充てるといい、準備も進んでいるようだ。(2023/9/6)

2023年の国内クラウド市場規模は7兆円超 従来型のIT市場規模を上回る見込み IDCジャパン
調査会社のIDCジャパンが、、2022年〜2027年の国内クラウド市場予測を発表。内エンタープライズIT市場における従来型ITを超える規模まで拡大するとの予測も明かした。(2023/7/7)

SIEMって実は“期待外れ”? MITRE ATT&CKの約4分の1しか検出できないことが判明
CardinalOpsは、エンタープライズ向けSIEMがMITRE ATT&CKの攻撃テクニックのうち24%しか検出できず、一部のSIEMルールは機能不全にあるなど、企業の期待に反してリスクの高い状態にあると報告した。(2023/6/29)

Googleに挑戦したNeeva、サブスク検索エンジン提供終了へ 企業向けLLMにシフト
元Google幹部が設立したNeevaは、2021年に公開した広告なしの検索エンジンを数週間以内に閉鎖すると発表した。一般ユーザーに検索エンジンを切り替えてもらうのは困難だったとしている。今後は、エンタープライズ向けのLLM技術にシフトする。(2023/5/22)

NVIDIAとServiceNow、大企業向け生成AIの開発に向けパートナーシップを発表
NVIDIAとServiceNowはエンタープライズ向け生成AI機能の開発に際したパートナーシップを発表した。生成AIにおける複数のユースケースを想定し、それに向けた開発を両社で進めるという。(2023/5/19)

WeeklyMemo:
SAP、オラクル、ワークデイはSaaS革命を起こすか クラウドERP「三大勢力」の動向から考察
クラウドERP市場で“三大勢力”と目されるSAP、Oracle、Workdayが相次いで新たな動きを表明した。どんな動きか。「クラウドがもたらす本当の変革はSaaSにあり」と考える筆者が、エンタープライズIT市場への影響を考察する。(2023/4/17)

バッファロー、エンタープライズ向けのラックマウント12ベイNAS
バッファローは、ラックマウント型筐体を採用した12ベイNAS「TS71210RH」を発表した。(2023/2/8)

製造業IoT:
エッジデバイスの通信環境構築を容易に、Wi-Fi 6対応のメッシュWi-Fi発売
PicoCELAは2023年1月17日、Wi-Fi 6に対応したエンタープライズ向けメッシュWi-Fi「PCWL-0500」シリーズを発売した。AIカメラやIoTセンサーなどのエッジデバイスにおけるデータ収集、処理などを行いやすい仕組みを取り入れた。(2023/1/26)

年平均8%のペースで成長:
AI駆動、ローコード/ノーコード、APIなどがけん引 エンタープライズアプリ市場は右肩上がり予測
IDCは、エンタープライズアプリケーション市場における世界売上高の予測を発表した。2026年までの5年間の平均成長率が8%に、2026年には3852億ドルに市場が拡大するとみている。(2023/1/17)

「不真面目」DXのすすめ:
なぜ「エンタープライズIT」は大学生にそっぽを向かれるのか
多くの大学生が「IT業界で働きたい」と考える一方で、彼らが希望するのはエンタープライズITではないと筆者は考えます。なぜ大学生や優秀なエンジニアはGoogleやAmazonを目指し、エンタープライズITは敬遠されるのでしょうか。(2023/1/13)

2026年のデータ管理インフラハードウェア支出は563億ドルの見通し:
2022年上半期のエンタープライズIT支出、「AI」を上回ったワークロードは?
IDCは、2022年上半期のエンタープライズITインフラ支出を、インフラがサポートするワークロード別に分類。最も支出が多かったワークロードは「構造化データベース/データ管理」だった。(2022/11/9)

エッジコンピューティング:
レッドハットがエッジ市場に本格参入、「Red Hat Device Edge」を展開
エンタープライズ向けLinuxディストリビューション大手のレッドハット(Red Hat)が、エッジコンピューティング市場に本格参入する。「KubeCon+CloudNativeCon North America 2022」において、産業機器向けにコンテナアプリケーションを柔軟にデプロイするソリューション「Red Hat Device Edge」を発表したのだ。(2022/10/28)

キオクシア KIOXIA CM7シリーズ:
PCIe 5.0対応のエンタープライズ向けNVMe SSD
キオクシアは、次世代高速インタフェースのPCIe 5.0に対応したエンタープライズ向けNVMe SSD「KIOXIA CM7」シリーズを、一部顧客へサンプル出荷する。容量は、E3.Sのフォームファクターの場合で最大15.36Tバイトとなる。(2022/8/18)

CIO Dive:
業務アプリ導入後「後悔」が7割 原因は“社内のゴタゴタ”、解決法を学ぶ
Gartnerの調査によると、エンタープライズシステムの購入担当者の73%が、購入を後悔していることが明らかになった。「何が不満の原因か」を探った結果、意外にも技術ではなく購入者自身にあることが分かった。(2022/8/15)

Weekly Memo:
これからのITサービスはどう変わっていくか――NTTデータの新中期経営計画から読み解く
エンタープライズIT市場においてDXが注目される中、従来のITサービスはこれからどう変わっていくのか。NTTデータの新中期経営計画から読み解きたい。(2022/5/16)

Weekly Memo:
富士通とNECの最新受注状況からみる業種別IT需要動向の行方
経済環境がさまざまな影響で変化する中、国内のエンタープライズIT需要は今後どう動くか。富士通とNECの最新受注状況から業種ごとに探ってみたい。(2022/5/9)

深刻度は「9.8」:
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性 即時アップデートの適用を
Spring Frameworkにリモートコード実行の脆弱性が見つかった。同フレームワークはWebアプリケーションやエンタープライズアプリケーション開発に広く利用されており、広範囲の影響が予想される。(2022/4/4)

米Seagate、AIネットワークレコーダー用のエンタープライズ向け20TB HDD「SkyHawk AI」を発表
米Seagate Technologyは、ネットワークビデオレコーダー専用をうたう20TB HDD「SkyHawk AI 20TB」の発表を行った。(2022/3/24)

Weekly Memo:
AWSのパートナー施策にみる「エンタープライズIT分野の喫緊の課題」とは
エンタープライズIT分野でのクラウドサービスの活用やDXの進み具合はどんな感じなのか。クラウドサービスで先行するAWSのパートナー施策から最新動向を探ると、喫緊の課題が浮かび上がってきた。(2022/3/22)

キオクシア、エンタープライズ向けの24G SAS接続対応SSD
キオクシアは、エンタープライズサーバなどに向く24G SAS接続対応SSD「KIOXIA PM7」シリーズを発表した。(2022/3/8)

Weekly Memo:
エンタープライズIT需要は今後どう動くか――富士通、NEC、NTTデータの受注状況から探る
国内のエンタープライズIT需要は今後どう動くか。富士通、NEC、NTTデータのITサービス大手3社の受注状況から探ってみたい。(2022/2/7)

2021年のエンタープライズIT市場、売り上げ1位はMicrosoft クラウド企業が成長
調査会社が2021年におけるエンタープライズIT市場の売り上げランキングを発表。売り上げ1位はMicrosoftで、他にもクラウドに注力している企業が成長を見せた。(2022/1/13)

Weekly Memo:
2022年、エンタープライズITの注目トレンドを読む――注目すべき3つとは
2022年のエンタープライズIT分野の注目トレンドは何か。筆者なりに3つの動きを挙げ、解説する。(2022/1/11)

UiPathが2022年トレンドを予測 「自動化の競争」を制するのは?
UiPathは、自動化に関するレポート「2022年予測:加速する自動化」を発表した。2022年に自動化は、エンタープライズ環境全体にわたり新しい技術へと加速すると予測し、自動化における10のトレンドを挙げた。(2021/12/27)

古田雄介のアキバPick UP!:
20TB HDDがNAS向け&エンタープライズ向けで登場!
これまで18TBが最大容量だったHDDだが、Seagateから20TB HDD2モデルが登場している。また、パイオニアからは内蔵型のBDドライブが投入された。(2021/12/20)

自動化の「次の段階」とは? UiPathが最新版「UiPath2021.10」を提供開始
UiPathプラットフォームの最新版「UiPath2021.10」がリリースされた。エンタープライズ規模の管理運用や自動化業務の連携、プラットフォームの拡大、クラウドとオンプレミスの融合など100以上の機能が追加、強化された。【訂正あり】(2021/12/2)

Firefoxに任意のコード実行が可能になる脆弱性、迅速にアップデートを
Webブラウザ「Firefox」とエンタープライズ向けのFirefox「Firefox ESR」に複数のメモリ関連バグが発見された。脆弱性の中には任意のコード実行が可能になるものも含まれており注意が必要だ。(2021/10/8)

2025年まで年平均成長率17%との予測も:
クラウド需要は「今後も長期間、果てしなく成長」
最近発表された予測によると、2021年第2四半期におけるエンタープライズ向けクラウドの消費量が、4四半期連続で増大する見込みだという。これだけでも、世界クラウド市場がいかに速いスピードで成長しているかが分かるのではないだろうか。(2021/8/20)

Weekly Memo:
クラウドERP市場で三大勢力が激突 SAP、オラクル、ワークデイがエンタープライズアプリ業界に起こす変化とは
クラウド利用の進展とともにエンタープライズアプリケーション市場の新たな勢力争いの構図が見えてきた。最近の動きを踏まえて考察してみたい。(2021/7/12)

国内エンタープライズアプリケーション市場、2020年はマイナス成長 今後の回復傾向は?――IDC予測
IDC Japanによると、2020年の国内エンタープライズアプリケーション市場はマイナス成長となった。2021年以降は、「2025年の崖」問題への対応やDXの進行によって継続的な市場成長が見込めるものの、そのスピードは緩やかなものになると予測している。(2021/7/8)

DevSecOpsへの取り組みが不適切:
企業のセキュリティ、リスクが高いのはネットワークよりもアプリケーション
WhiteSourceは調査会社のPonemon Instituteと協力して行ったエンタープライズアプリケーションのセキュリティリスク軽減に向けた調査結果を紹介した。セキュア開発ライフサイクルを徹底することと、開発チームとセキュリティチームの連携が重要だという。(2021/5/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。