「VMware vSphere」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「VMware Infrastructure」の後継製品

VMware vSANユーザーも波乱の渦中に【前編】
VMware買収後になぜライセンスを変えた? 混乱を招いた「Broadcomの本音」
BroadcomはVMwareを買収後、VMware製品のライセンスモデルを変更した。これを受け、ユーザー企業は乗り換えを検討すべきなのか。Broadcomはなぜこの変更を実行したのか。(2024/6/17)

2024年後半に提供開始予定:
Microsoft、「VMware Cloud Foundation」ライセンスの「Azure VMware Solution」への移行をサポートする計画を発表
MicrosoftとBroadcomは提携を拡大し、「Azure VMware Solution」で「VMware Cloud Foundation」のサブスクリプションをサポートする計画を発表した。(2024/6/5)

教育機関に広がる「VMware買収」の影響【後編】
「VMwareライセンス」は何が変わった? 教育現場を悩ませる“コスト増”の原因
BroadcomのVMware買収の影響が教育機関に及んでいる。ベルギーのルーベンカトリック大学も影響を受けた機関の一つだ。どのような変更があり、教育現場をどう苦しませているのか。(2024/5/30)

VMware買収によるライセンス変更は妥当か【前編】
「VMwareライセンス変更」でユーザーはある現実に直面 Broadcomの思惑は?
VMwareの買収に伴って、同社製品のライセンス体系が大きく変わった。一部のユーザーは新しいライセンス体系にメリットを見いだしているものの、懸念する声も上がっている。変化の意図と、ユーザーの声は。(2024/5/29)

VMware、Workstation Pro 17とFusion Pro 13の個人利用を無償化 その狙いを探る
VMwareはWorkstation Pro 17とFusion Pro 13のライセンスモデルを変更し、個人利用は無償、商用利用は引き続きサブスクリプションプランが必要になると発表した。Workstation Player 17およびFusion Player 13の提供は終了となる。(2024/5/16)

VMware買収の真の狙いは? Google Cloud Nextで見えたBroadcomのビジョン
BroadcomによるVMware製品ポートフォリオ変更とライセンス体系見直しは既存ユーザーを困惑させてきたが、ようやくその狙いが見えてきた。(2024/5/7)

ESXiの移行先はどうする【後編】
「脱ESXi」で陥る落とし穴 “AHVへの移行”が簡単にはいかないのはなぜか
VMware製品からNutanix製品に乗り換えるユーザー企業がある。だが移行には課題があるので、移行が正しい判断なのかどうかを十分に検討することが欠かせない。(2024/5/7)

ESXiの移行先はどうする【前編】
VMwareユーザーの一部が「Nutanix」に移行する理由
BroadcomがVMwareを買収したことで、VMwareを利用していた一部のユーザー企業が別の製品群に乗り換えている。Nutanixは、そうした動向の背景をどう分析しているのか。(2024/4/30)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第4回】
“年収1500万円”の高収入エンジニアになれる「サーバの必須スキル」はこれだ
サーバエンジニアとして高収入を得るには、サーバ分野のどのような知識やスキルを持っておく必要があるのか。基本となる必須項目を押さえておこう。(2024/4/15)

「仮想化は完璧ではない」:
どの企業でも起こり得る「仮想化」を巡る5つの課題 対処方法は?
仮想化には共通して発生する一般的な5つの問題がある。その効果的な対処方法を解説する。(2024/4/11)

VMware仮想デスクトップ事業の今後【後編】
「VMware製品から“VDI”が消える日」が巻き起こす3つの疑問
BroadcomがVMwareのEUC事業を投資会社に売却すると発表した。ユーザー企業やパートナーは大きく3つの疑問を抱いている。Broadcomはこれらの疑問に答えるべきだ。(2024/4/11)

VMware仮想デスクトップ事業の今後【前編】
BroadcomからVMwareの事業を買収する謎の企業「KKR」の正体
BroadcomがVMwareのEUC事業を投資会社KKRに売却することを発表した。KKRとはどのような企業なのか。VMwareのEUC事業はこれからどうなるのか。(2024/4/4)

レッドハットがOpenShiftの仮想マシン管理機能を説明、「問い合わせ増えた」
レッドハットが、コンテナ基盤の「Red Hat OpenShift」で仮想マシンを管理できるOpenShift Virtualizationについて説明した。VMwareを取り巻く状況の変化を受けて、問い合わせが増えているという。(2024/3/29)

VMware買収がIT戦略に与える影響【後編】
「VMware製品を使い続けるべきか?」にどう結論を出せばいいのか
VMwareが半導体ベンダーBroadcomに買収された後、製品提供の方針を含めた変更があったことで、パートナー企業もユーザー企業も混乱した。今後の利用方針を検討する上ではどのような点を考慮すればいいのか。(2024/3/29)

新VMwareがユーザーとパートナーに与える影響(2):
VMwareパートナーの混乱がまだ続いているのはなぜか【2024年3月】
もしかしたら、VMwareのパートナープログラムは根本的に変わってしまったのかもしれない。本記事では、Broadcomによる販売施策の変更が、リセラーやVMwareベースのクラウドサービス事業者に与えている影響を取り上げる。(2024/3/26)

Nutanix×Red Hatセミナーレポート
“VMwareの急変”に苦悩するIT部門をNutanixとOpenShiftが救う理由
BroadcomによるVMware製品の販売方針の転換で、不安が広がっている。だが、これをより進化したアプリケーション基盤に移行するチャンスだと考えることもできる。ニュータニックス・ジャパンとレッドハットが開催したセミナーからその理由を探る。(2024/3/21)

VMware買収がIT戦略に与える影響【中編】
「VMware再編」はただの騒動じゃない これから始まる“本当の波乱”
Broadcomに買収されたVMwareによる製品ポートフォリオ変更を含めた一連の方針転換が、ユーザー企業やパートナー企業を不安にさせている。ユーザー企業はどのような選択を迫られるのか。(2024/3/19)

ニュータニックス・ジャパン合同会社提供Webキャスト
デモ動画で解説、仮想環境やアプリの“クラウドマイグレーション”の最適解
リソース不足などによって「既存インフラのクラウド移行」「レガシーアプリケーションのクラウドネイティブ化」に踏み出せていない組織は多い。そこで“クラウドマイグレーション”を実現する、今注目の手法をデモ動画で紹介する。(2024/3/19)

VMware買収がIT戦略に与える影響【前編】
「VMwareの仮想化」はBroadcom配下でどうなる? “仮想化の歴史”は終わらない
VMwareを買収したBroadcomの新たな方針は、VMwareが設立当初から取り組んできた事業において何を意味するのか。オープン化からの仮想化の歴史を振り返りつつ、VMware製品群の変更点をまとめる。(2024/3/12)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第4回】
ESXiサポート終了後では遅い 「ハイパーバイザー移行」を考えるもっともな理由
各ベンダーが提供するハイパーバイザーには一定のサポート期間がある。サポート期間が終了する前にハイパーバイザーの移行を検討すべき理由や、検討時に確認すべきベンダーのサポート体制、移行の選択肢とは。(2024/3/29)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第3回】
ESXi「サポート切れ」後の代替候補になるHyper-V、KVM、AHVの違いはこれだ
「VMware vSphere」や「ESXi」のサポート終了は、ハイパーバイザーの移行を検討する機会になる。「Hyper-V」「KVM」「Nutanix AHV」など、主なハイパーバイザーの特徴や比較するときのポイントを説明する。(2024/3/28)

新VMwareがユーザーとパートナーに与える影響(1):
VMwareの製品再編をユーザーはどれくらい深刻に受け止めるべきか【2024年2月】
Broadcomは買収したVMwareの製品/ライセンス体系を大幅に再編した。これはどれくらい深刻な変化なのか。どのようなユーザー組織にどんな影響を与えるのだろうか。関係者への取材に基づき、具体的に解説する。(2024/2/27)

永久ライセンス終了と一部売却の決定
VMwareの変更にユーザー大困惑……なのにBroadcomの筋書きはぶれない?
BroadcomはVMwareの買収を完了してから、業界を困惑させる方針を矢継ぎ早に打ち出してきた。今回の事業売却の発表も例に漏れない。VMware製品が置かれた現状と、Broadcomの思惑を探る。(2024/2/27)

VMwareが「ESXi無償版」の提供を終了 移行先の有力候補は?
VMwareがユーザーに永久ライセンスからサブスクリプションプランへの移行を促している。2024年2月に入ってからVMware vSphere Hypervisor無償版の提供も終了となった。(2024/2/14)

VMware製品を巡る今後【前編】
VMware製品の“一部売却”は現実的か? 全貌見えないBroadcomの思惑
BroadcomはVMware を買収してから、今後に関する重要な方針を幾つか公表してきた。その中には事業売却の話も含まれている。VMwareの製品や技術のこれからの見通しとは。(2024/1/25)

無償版VMware ESXiも対象 VMware、サブスクリプション移行に伴い複数製品を販売終了
VMwareは複数の製品の販売終了を発表した。販売終了製品にはESXiの無償版であるVMware vSphere Hypervisorも含まれている。同社は永久ライセンスからサブスクリプションモデルへの移行を進めている。(2024/1/19)

パススルーと仮想GPU【第3回】
「仮想GPU」を使い始めるには? インフラや準備の流れは?
仮想マシンでGPU(グラフィックス処理ユニット)のリソースを使う場合は、当然ながらそのための下準備が必要になる。GPUのリソースを使う2つの方法を基に、その準備の流れについて説明しよう。(2024/1/11)

「データセキュリティ」は誰の問題か【第3回】
一昔前とはまるで違う「システム停止」の現実 まず“あれ”を見直すべし
システムエラーやランサムウェア攻撃の影響が広範に及ぶ例から分かる通り、現代の企業活動の根幹は情報システムに支えられている。システムやデータの保護において求められていることとは。(2023/12/22)

ハイブリッド/マルチクラウドの最適化とは:
PR:デル・テクノロジーズと主要クラウドベンダー3社が明らかにしたマルチクラウドの最先端
ハイブリッド/マルチクラウドの在り方が急速に多様化している。デル・テクノロジーズと主要クラウド技術ベンダー3社が共同でセミナーを開催し、ハイブリッド/マルチクラウドの最適化についての選択肢を説明した。(2024/1/16)

サーバのセキュリティはなぜ「後回し」に?
面倒事がありがちな「サーバのセキュリティ対策」 どうすればいい?
激化するサイバー攻撃に対して、データセンターのサーバはセキュリティ対策が後回しになりがちだ。サーバのセキュリティ対策に及び腰になるサーバ管理者の本音は。仮想化インフラを効率的に保護する方法を探る。(2023/12/27)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(210):
マルチクラウドとオンプレミスの一元管理がさらに容易に――Azure Arc対応Virtual Machine Managerの一般提供が開始
Microsoftは、これまでプレビュー提供していたAzure Arcサービス群の一つ「Azure Arc-enabled System Center Virtual Machine Manager(Arc対応SCVMM)」が一般提供されたことを発表しました。(2023/11/28)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第2回】
VMware vSphereのバージョン6、7、8の違い バージョンアップの利点とは?
「VMware vSphere 6.0」のサポートが終了する。vSphereのバージョンアップをすることでユーザー企業はどのようなメリットが得られるのか。移行先のハードウェア選びのポイントと合わせて説明する。(2023/11/22)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第1回】
サポート切れの「vSphere」はなぜ危険なのか? “安定稼働”に油断できない訳
「VMware vSphere」のバージョン6.5と6.7のテクニカルガイダンスが2023年11月に終了する。一見安定稼働しているように見えても、サポート切れのvSphereを使い続けることにはリスクが伴う。そのリスクとは何か。(2023/11/21)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第5回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」のスケーリング機能の違い 何を自動化する?
Kubernetesクラスタの運用においては、負荷状況に応じて適切なリソースを割り当てる必要がある。リソースのスケーリングにおいて、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が提供する機能の違いとは。(2023/10/31)

ネイティブAWSを使うDRサービスも:
「電力・ラックスペースコストをストレージベンダー側が負担」、ピュア・ストレージが各種の新機能を発表
ピュア・ストレージ・ジャパンは10月中旬に、電力およびラックスペースコストの負担、AWSを利用するディザスタリカバリサービスなどの新機能を発表した。これについて詳解する。(2023/10/30)

セキュリティニュースアラート:
vCenter ServerにCVSS 9.8の脆弱性 回避策なしのため迅速なアップデートを
VMware vCenter Serverに境界外書き込みおよび情報漏えいの脆弱性が見つかった。1つはCVSS 9.8で深刻度「緊急」(Critical)に分類されている。主力スイートの中心的製品であることから迅速なアップデートの適用が求められる。(2023/10/27)

Rancher、OpenShift、Tanzuを比較【第2回】
「Rancher」「OpenShift」「Tanzu」を比較 Kubernetesクラスタ管理の違いは?
「Kubernetes」クラスタの運用管理ツールにはさまざまな選択肢がある。自社の要件に合うツールを選ぶために、「Rancher」「Red Hat OpenShift」「VMware Tanzu」が備える管理機能を学ぼう。(2023/10/23)

BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第4回】
「VMware製品が使えなくなる」可能性は本当か? 真偽を問う“3つの理由”
BroadcomによるVMwareの買収で、欧州委員会をはじめとした規制当局はVMware製品の相互運用性が失われることを懸念している。しかしこの懸念は、実態に即していない可能性がある。その理由とは。(2023/9/8)

BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第3回】
BroadcomによるVMware買収が「不当だ」と見なされた理由
BroadcomによるVMwareの買収について、欧州委員会と英国競争市場庁(CMA)が調査に乗り出している。規制当局がBroadcomによる買収を警戒するのはなぜなのか。(2023/9/4)

BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第2回】
「VMware製品をクラウドで使う難しさ」はBroadcomの買収でどうなるのか
VMwareはマルチクラウドで利用できる製品やサービスの提供に力を入れているが、複数のインフラで同社製品を利用するときの複雑さは残っている。こうしたVMware製品の課題は、Broadcomの買収でどう変わるのか。(2023/9/1)

BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第1回】
「VMwareが買収のせいで競争力を失う」のは本当なのか?
BroadcomによるVMware買収は、「VMwareが事業を縮小するのではないか」という懸念をユーザー企業にもたらした。この見方は正しいのか。Broadcomが考える、買収後の事業方針は。(2023/8/28)

VMware Explore 2023:
LLM、Platform Engineeringなど、VMwareの年次カンファレンスでの重要発表をまとめた
VMwareが年次カンファレンス「VMware Explore 2023」で多数の発表を行った。その中には「LLM」「Platform Engineering」「エッジ」などのキーワードが散りばめられていた。主要な発表をまとめた。(2023/8/25)

「クラウドとオンプレミスの融合」を進めるDell【中編】
「Dell APEX Cloud Platforms」は“クラウドかオンプレか”論争の先を見据える
ハイブリッドクラウドの実現を容易にするために、Dell TechnologiesがMicrosoftやRed Hat、VMwareとの協業で提供するサービス群が「Dell APEX Cloud Platforms」だ。どのようなサービスで構成されているのか。(2023/8/7)

中堅・中小企業のDXを力強く支援:
PR:vSphereユーザーが持つ“多様な選択肢” 新たに発表されたサービスとは
ヴイエムウェアは、vSphereの最新情報を含めたセミナー「vSphere ステップアップ教室 2023」を日本全国で開催している。本稿は2023年6月21日に福岡で開催されたセミナーを基に、「VMwareはどのように中堅・中小企業のDXを支援するのか」を解説する。(2023/8/15)

VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【後編】
VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“仕組み”で比べる
「VMware Horizon」と「Citrix Virtual Apps and Desktops」は、どちらも広く使われているデスクトップ仮想化製品だ。両製品の機能を比較する際に確認するとよいポイントを説明する。(2023/6/27)

オンプレでもクラウドでもマルチクラウドでも:
PR:悩ましい“中小企業とクラウドの関係”  VMware vSphereユーザーが選ぶべき選択肢は?
クラウド移行が進む大企業の陰で、中小企業は課題に直面している。その背景にはシステム部門の人材不足やデジタルトランスフォーメーション(DX)に関するナレッジ不足などがある。専任人材の採用も難しい状況だが、中小企業の「DXで経営スピードを上げたい」という思いは強まっている。この課題を解決するには「自社に合った処方箋」が必要だ。そしてそれは既に活用しているテクノロジーの延長線上にあるかもしれない。(2023/6/20)

VMwareとCitrixの「デスクトップ仮想化製品」を比較する【中編】
VMware HorizonとCitrix Virtual Apps and Desktopsを“コストとリスク”で比較
2大デスクトップ仮想化製品「VMware Horizon」「Citrix Virtual Apps and Desktops」。両製品をどのような観点で比較すればよいのか。ポイントになるのが「コスト」と「ベンダーロックインのリスク」だ。(2023/6/20)

Dellが「APEX」のマルチクラウド対応を拡大 データポータビリティとセキュリティも強化
Dellがクラウド運用モデルをオンプレミス環境やエッジ環境に拡張した「Dell APEX Cloud Platforms」など「Dell APEX」の新たな製品とストレージ製品「Dell PowerStore」の機能を強化することを発表した。(2023/5/24)

VMware ESXiを狙ったRaaSが増加中 攻撃を回避するには?
CrowdStrikeはハイパーバイザーVMware ESXiを標的にしたランサムウェア・アズ・ア・サービス(RaaS)が増加していると指摘した。今後もこの傾向は続くと予測されている。(2023/5/17)

ESXiを狙ったランサムウェア攻撃の“不思議”な実態【第4回】
危険な「ESXi」を生まないためには“これ”が大事 VMwareの切実なお願いとは?
VMwareの「ESXi」を狙ったランサムウェア攻撃について、同社に具体的な対策を聞いた。同社が強調するのは特別なことではなく、セキュリティ対策の“基本中の基本”だ。(2023/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。