「サーバ仮想化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

サーバ統合を進める2つの方法【後編】
「サーバ仮想化」を成功させる4つのポイントとは?
サーバ仮想化はサーバ統合の方法の一つだ。サーバ仮想化とアプリケーションの移行を成功させるには、どのように計画を立てればよいのか。(2024/7/10)

セキュリティニュースアラート:
ANY.RUN、64bit版Windows 10の仮想マシンを全ユーザーに提供 マルウェア分析をより強化
サンドボックス型のマルウェア分析ツールANY.RUNは全てのユーザーに64bit版Windows 10の仮想マシンを提供すると発表した。最新のOSで、より効果的なマルウェアの検出および分析が可能になる。(2024/7/4)

サーバ統合を進める2つの方法【前編】
いまさら聞けない「物理サーバ集約」と「サーバ仮想化」の違いとは?
物理サーバの利用効率を高めて運用負荷軽減やコスト削減をするための方法に、サーバ統合がある。サーバ統合のための主な2つの方法と、それぞれのメリット、デメリットを説明する。(2024/7/3)

基幹システムのクラウド移行を4カ月、自前で 日立建機
日立建機が自前で基幹システムをクラウドに移行した。約500の仮想サーバと100のデータベースを含む大規模なシステムにもかかわらず、4カ月で作業は完了したという。(2024/7/1)

前世代Azure ArmベースVM比で、CPU性能が最大1.4倍に:
Microsoft、Armプロセッサ「Azure Cobalt 100」を搭載したAzure VMプレビューを発表
MicrosoftはArmベースプロセッサ「Azure Cobalt 100」を搭載した新しいAzure仮想マシンのプレビュー公開を発表した。本記事ではその概要を紹介する。(2024/6/12)

仮想化と4ポート搭載で:
自動運転車のストレージを「一元化」するMicronの新SSD
Micron Technologyは2024年4月に、新しいストレージデバイス「4150AT SSD」を発表した。4つのポートと仮想マシン対応で、自動車に「集中型ストレージ」を提供するという。(2024/6/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
AWS「EC2 Instance Connect」のエラーはなぜ起こる? 主な原因と対処法
AWSの仮想マシンサービス「Amazon EC2」に安全に接続するためのサービス「EC2 Instance Connect」でエラーが発生する場合がある。何が問題でどのように対処すればよいのか。(2024/6/3)

Microsoft、独自Armプロセッサ「Cobalt」を用いた仮想マシンをAzureでプレビュー公開開始
米Microsoftは、日本時間5月22日未明から開催中のイベント「Microsoft Build 2024」で、同社の独自Armプロセッサ「Azure Cobalt 100」を用いた仮想マシンをAzureでプレビュー公開すると発表しました。(2024/5/22)

3人の業界エキスパートに聞く:
PR:サーバ仮想化基盤を今後どうする? Nutanixは移行先として頼れる存在か
仮想化基盤の新たな選択肢が求められている。次のインフラ更改までに最適なものを見つけるため、あれこれ調査している企業もある。選択肢として名前が挙がるNutanixの仮想化基盤は移行先として安心できる存在なのか。関係者3人に聞いた。(2024/5/29)

Tech TIPS:
【Azure】AutomationアカウントでVMの起動/停止を定期的に繰り返すスケジュールを組む(ARMテンプレート編)
Azure Automationで何らかの処理を自動化する際、PowerShellスクリプトなどのRunbookを定期的に繰り返し実行したいことがある。仮想マシン(VM)の起動/シャットダウンを例として、この定期スケジュールをAutomationアカウントのデプロイと同時に作成する方法とその注意点を説明する。(2024/5/15)

Tech TIPS:
【Azure】Automation RunbookにGitHub上のPowerShellスクリプトをインポートする(ARMテンプレート編)
Azure Automationアカウントをデプロイする場合、一緒に自動処理のためのPowerShellスクリプトもRunbookに自動登録できると手間が省けて便利だ。GitHubで公開されている仮想マシンの起動/シャットダウン用スクリプトを例に、その方法と注意点を説明する。(2024/5/1)

レッドハットがOpenShiftの仮想マシン管理機能を説明、「問い合わせ増えた」
レッドハットが、コンテナ基盤の「Red Hat OpenShift」で仮想マシンを管理できるOpenShift Virtualizationについて説明した。VMwareを取り巻く状況の変化を受けて、問い合わせが増えているという。(2024/3/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
“危ないコンテナ”の条件は? VMとどう使い分ける? コンテナ丸分かりガイド
アプリケーションを稼働させる手段として普及した「コンテナ」。仮想マシンとは何が違い、どのように使い分ければよいのか。コンテナを安全に運用するために注意すべきこととは。コンテナ活用のヒントを紹介する。(2024/3/29)

GPUパーティショニングとワークグループクラスタを導入:
Hyper-VはWindows Server 2025でどのように進化するか? Microsoftが明かす
MicrosoftはHyper-Vの今後とWindows Server 2025の将来について紹介した。物理GPUを分割して複数の仮想マシンで共有できるGPUパーティショニングなどが導入される予定だという。(2024/3/26)

Javaアプリケーションをプラグインなしにブラウザで実行できる:
モダンブラウザで動作するWebAssemblyベースのJVM「CheerpJ 3.0」が登場
Leaning Technologiesは、モダンブラウザで動作するWebAssemblyベースのJava仮想マシン(JVM)「CheerpJ 3.0」を提供開始した。(2024/2/9)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(213):
Azure VM Image Builderの新機能「トリガーによるイメージの自動作成」とは?
Microsoftは、これまで「Azure Image Builder」でプレビュー提供していた「トリガー」機能の一般提供を開始しました。これは、特定の条件が満たされたときに、自動で仮想マシン(VM)イメージのビルドを開始して「Azureコンピューティングギャラリー」に送信できる機能です。(2024/2/6)

パススルーと仮想GPU【第4回】
仮想マシンで「GPU」を無駄なく使うためのモニタリング方法
「GPU」の貴重なコンピューティングリソースをできるだけ無駄なく使うには、その使用状況を適切に把握することが欠かせない。仮想マシンでGPUを使う場合のパフォーマンス測定方法とは。(2024/1/18)

パススルーと仮想GPU【第3回】
「仮想GPU」を使い始めるには? インフラや準備の流れは?
仮想マシンでGPU(グラフィックス処理ユニット)のリソースを使う場合は、当然ながらそのための下準備が必要になる。GPUのリソースを使う2つの方法を基に、その準備の流れについて説明しよう。(2024/1/11)

パススルーと仮想GPU【第2回】
複数VMで共有する「仮想GPU」とは? パススルーとの違いは?
GPUは、大量の計算処理やグラフィックスの処理を得意とする。これを仮想マシンに割り当てて使用する方法には主に2通りある。GPUのリソースを共有する方法を中心に紹介しよう。(2023/12/27)

パススルーと仮想GPU【第1回】
「GPU」を「仮想マシン」で使う その理由と割り当て方法
企業のインフラでは、従来使われてきたCPUに加えて「GPU」の役割が重要になりつつある。同じくインフラにおいて重要な仮想マシン(VM)でGPUを使う理由とは。具体的な方法と併せて解説する。(2023/12/21)

特選プレミアムコンテンツガイド
Azureの仮想マシンサービス「Azure VM」を“激安”で使う方法
Microsoftの仮想マシンサービス「Azure VM」の利用料金はどのように決まるのか。利用料金を抑えるには、どうすればよいのか。Azure VMの賢い使い方を伝授する。(2023/12/4)

AWS、SPARCサーバを仮想化してAWSに載せる「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」発表
米AWSが、SPARCプロセッサを搭載したサーバ環境を仮想マシンとしてAWS上で提供する新サービス「Virtualization for SPARC on AWS with Stromasys」を発表した。(2023/11/29)

いつもコンテナが最適とは限らない【後編】
「仮想マシン」と「コンテナ」の強みが分かる“根本的な違い”
仮想化技術として、企業におけるシステムの構築や運用に使われている「仮想マシン」と「コンテナ」には、どのような違いがあるのか。それぞれの仕組みの違いを踏まえて、得意なことと不得意なことを明らかにする。(2023/11/21)

いつもコンテナが最適とは限らない【前編】
「仮想マシン」のいまさら聞けない特徴 「コンテナ」より良い点は?
仮想マシン(VM)とコンテナは、システムの構築と運用に広く用いられている。VMの長所と短所を解説しながら、それぞれの得意な分野、不得意な分野を明らかにする。(2023/11/17)

株式会社ネットワールド提供Webキャスト:
仮想化データストレージの営業を難なくこなす、新人営業マン向けの基礎知識
ユーザーのアプリケーションサーバは、仮想化サーバ上で動くことが一般的となっている。その仮想化環境の中で使われるのが、「仮想化データストレージ」だ。この分野において、新人営業マンが身に付けるべき基礎知識を紹介する。(2023/10/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
サーバ仮想化の意外なデメリット10選 「VM構築が簡単過ぎる」はなぜ駄目か?
サーバ仮想化は、ハードウェアの運用管理に掛かるコストや手間を削減するといった幾つものメリットがある一方、実はデメリットもある。それは何なのか。解決方法とは。(2023/9/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(240):
Windows 10/11のアップデートに隠された「更新の履歴」の謎を解き明かせ
先日、自分の使っているWindows 11デバイスの「更新の履歴」(設定>Windows Update>更新の履歴)を確認していたとき、機能更新プログラムの一覧に違和感を覚えました。他のWindows 11デバイス(物理マシンおよび仮想マシン)で確認してみると、同じように。旧バージョンからアップグレードを繰り返してきた同じWindows 11 バージョン22H2を実行しているのにもかかわらず、その履歴は実にさまざまでした。(2023/9/20)

Tech TIPS:
【Azure】大量のメトリックアラートを一発で作る方法(リソーステンプレート編)
Azureの仮想マシンなどには、CPU使用率やメモリ空き容量といった「メトリック(測定値)」をほぼリアルタイムで確認できる機能がある。このメトリックの値が上限/下限を超えたときに「メトリックアラート」として警告するように設定することで、不具合や障害に素早く気付き、速やかに対処しやすくなる。しかしGUIで作るには手間がかかりすぎることも。リソーステンプレートからのデプロイによって効率よく大量生成できる方法を紹介する。(2023/9/13)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(203):
「トラステッド起動」が既定になり、Azure VMはデプロイ時点で“安全”に
Azure仮想マシンの「トラステッド起動」は、2021年11月から一般提供されているセキュリティオプションです。このオプションが数カ月前からAzureポータルでのAzure VMデプロイ時の既定になっていましたが、2023年8月末に一般提供開始が発表されました。(2023/9/12)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(4):
Windows Server 2022 RDS×Windows 11仮想デスクトップは問題なく使えるのか? より安全なリモートアクセス環境を手に入れるには
Windows Server 2016以降、リモートデスクトップサービスの仮想マシンベースのデスクトップ展開では、サポートされるゲストOSにWindows 11が含まれていません。サポートの有無は別として、Windows Server 2022でWindows 11ベースのVDIを構築できるのかどうか検証してみました。(2023/9/6)

セキュリティニュースアラート:
VMware製品ユーザーのサイバーレジリエンス能力を強化 Rubrikが生成AIソリューションを発表
RubrikはVMware製品のユーザー向けに生成AIを活用した新サービス「Rubrik AI-Powered Cyber Recovery」を発表した。仮想マシンのデータ損失とダウンタイムを最小限に抑える。(2023/8/31)

Tech TIPS:
【Azure VM】Windows Serverに公開鍵認証のSSHで接続できるようにする
LinuxとWindowsが混在するシステムをリモートから管理する場合、前者はSSH、後者はリモートデスクトップかWinRMと、使い分けているのではないだろうか。これは意外と面倒だと感じていると思う。実はWindows ServerでもSSHに接続することは可能だ。Azureの仮想マシン(VM)をデプロイする際に、公開鍵認証でSSH接続ができるようにする方法を紹介する。(2023/8/30)

NVIDIA H100 GPU搭載VMが正式リリース:
「Azure OpenAI Service」は1日100の新規顧客を獲得――Microsoft、AIビジネスの現在地は
Microsoftは企業のAI活用を支援するAzure AIインフラストラクチャおよびサービスの新展開を発表した。発表されたのは、Azure AIインフラストラクチャに含まれる「ND H100 v5」仮想マシンシリーズの一般提供開始と、「Azure OpenAI Service」のグローバル展開だ。(2023/8/14)

Tech TIPS:
【Azure】AlmaLinuxの仮想マシン(VM)を作成する際の注意点(CentOS7代替)
Red Hat Enterprise Linux 7の互換OSである「CentOS Linux 7」のサポートが2024年6月末に終了する。その移行先として有力な候補の1つである「AlmaLinux」を、Azureの仮想マシンにインストール(デプロイ)する際の注意点を説明する。(2023/8/3)

Veeam Software Japan株式会社提供Webキャスト
災害時の不安を一掃、仮想マシンのバックアップと復旧を迅速にする“この1手”
仮想マシン(VM)のバックアップや復旧を、簡単かつ迅速に行えるソリューションを活用することで、データ保護戦略を着実に前進させることができる。災害時に被害を拡大させないためにも、具体的な操作手順を見ておこう。(2023/8/2)

山市良のうぃんどうず日記(262):
[裏技アリ]メモリ8GBのWindows 11デバイス上でメモリ4GBのWindows 11仮想マシンは動かせるのか?
ほんの数年前までは8GBのメモリを搭載するWindowsデバイスは、スペックの良い方だと思うユーザーが多かったでしょう。それが、Windows 11の登場でシステム要件が厳しくなり、利用する機能によっては8GBではすぐにリソース不足になってしまうこともあります。特に、クライアントHyper-Vで仮想マシンを動かす場合がそうです。(2023/8/2)

Tech TIPS:
【Azure】Linux VMのSSHサーバ(sshd)のホストキー(公開鍵)を安全に確認するには
SSHで初めてのサーバに接続しようとすると、「ホストキー」の指紋(フィンガープリント)の確認が求められる。Azureの仮想マシン(VM)上のLinuxを対象として、安全にホストキーを確認する一連の手順を説明する。(2023/7/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(238):
仮想マシン接続でWindows 11ゲストに送信したテキストから改行が消失? その意外な原因とは……
Hyper-Vの仮想マシン接続において、Windows 11ゲストの基本セッションモードの場合にだけ発生する不可思議な現象を発見しました。恐らく“バグ”なのでしょうが、使いにくくて仕方がありません。(2023/7/26)

Kubernetes上の仮想化ソリューションの共通基盤を提供:
「Kubernetes」の仮想マシン管理アドオン「KubeVirt v1.0」が公開
「Kubernetes」の仮想マシン管理アドオンの正式版「KubeVirt v1.0」が公開された。(2023/7/19)

Tech TIPS:
【Azure】Linux VMのSSHの公開鍵認証をデプロイ時に有効化する方法
LinuxにSSHでログインする際、パスワードではなく公開鍵で認証するのが一般的だ。では、AzureでLinuxの仮想マシンをデプロイする場合、最初からSSHの公開鍵認証を有効化しつつパスワード認証を禁止する具体的な方法は?(2023/7/19)

ランサムウェアAkiraがLinuxを標的に追加 特にVMware ESXiを狙う
Bleeping Computerは、Windowsを標的としていたランサムウェア「Akira」がLinuxサーバへの攻撃機能を獲得したと報じた。特にVMware ESXi仮想マシンを標的にしているという。(2023/6/30)

Microsoft Build 2023:
開発環境を丸ごとクラウドPC化する「Microsoft Dev Box」、7月に正式リリース
Microsoftが、「Microsoft Dev Box」を7月に正式リリースすると発表。開発環境やツールチェーンを、あらかじめ整備された仮想マシンとして用意することで、開発者がすぐに適切な開発環境を立ち上げられ、開発にフォーカスすることを実現するという。(2023/5/24)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(193):
Azureへのサインインはもう不要! Azure仮想マシンへの安全な接続を実現するAzure Bastionの「共有可能なリンク」が一般提供開始
Microsoftは「Azure Bastion」の「Standard」プランで、新機能「共有可能(な)リンク」の一般提供を開始しました。この機能を利用すると、Azure仮想マシンにパブリックIPを割り当て、ポートを許可せず、また、Azureサブスクリプションへのアクセス許可を全く与えずに、Azure仮想マシンへの安全な接続を提供できます。(2023/5/19)

特選プレミアムコンテンツガイド
コンテナのいまさら聞けない基礎知識 仮想マシンとの違いは?
「Docker」の登場によって、あらためて脚光を浴びた「コンテナ」。その歴史は意外と古い。コンテナはどのような変遷を経てきたのか。仮想マシンとの違いとは。コンテナの基礎知識をおさらいする。(2023/4/27)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(192):
Windows Server仮想マシンのデスクトップエクスペリエンスも長期運用が可能になるか? 「ホットパッチ」機能のプレビュー提供が開始
MicrosoftはMicrosoft Azureだけでデプロイおよび実行可能なWindows Server 2022のAzure Editionに、Azure Editionだけの「ホットパッチ」機能を提供しています。これまでは、Server CoreインストールベースのAzure Edition Coreだけに提供されてきましたが、2023年4月からデスクトップエクスペリエンスベースのAzure Editionでもプレビュー提供が始まりました。(2023/4/27)

NEWS
ブロードバンドタワー、Zadaraを採用したクラウドサービス「Nシリーズ」を提供
ブロードバンドタワーが自社クラウドサービスにZadaraのツール群を採用。これにより、信頼性や可用性といった特徴があるだけでなく、リアルタイムで仮想マシンの追加や構成変更などをできる機能が加わる。(2023/4/10)

Google Cloud、仮想マシンの一時停止・再開が正式機能に 開発環境などでコスト抑制しやすく
Google Cloudで、仮想マシンの一時停止と再開を可能にする「サスペンド/レジューム」機能が正式版に。開発環境のコスト削減などに役立つという。(2023/3/27)

KDDIのクラウド障害、今度は約1週間で復旧 一部で仮想サーバ作成できず、原因は?
KDDIが、3月15日から障害が発生していたクラウドサービスの復旧を発表した。同サービスでは、東日本リージョンの一部で仮想サーバを立ち上げる場合、特定の方法だとエラーが出てインスタンスが作成できない問題が起きていた。(2023/3/23)

KDDIのクラウドでまたトラブル、すでに5日経過 一部で仮想サーバ作成できず
KDDIのクラウドサービス「KCPS」で3月15日から障害が発生している。東日本リージョンの一部で、特定の方法で仮想サーバを立ち上げる場合に、エラーが出てインスタンスが作成できない状態という。(2023/3/20)

Microsoft、生成系AI支援のVMをAzureでプレビュー開始 NVIDIA H100搭載
MicrosoftはNVIDIAのH100を8基搭載する仮想マシン(VM)「Azure ND H100 v5」の提供をプレビューとして開始した。大規模で複雑な生成系AIモデルのトレーニング向けだ。「Azureは大規模な変革型AIワークロードを開発、実行するための場だ」とスコット・ガスリー氏。(2023/3/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。