プロダクト・レビュー

さまざまな新技術が注ぎ込まれたミッドレンジIAサーバ 「eserver xSeries 360」(3)

デジタルアドバンテージ 島田広道
2002/03/14

最大8GbytesのDDR SDRAM DIMMを実装可能なメモリ・サブシステム

 本機のメモリ・サブシステムの特徴としては、次の2つがある。1つは、DDR SDRAMの採用だ。これまでIAサーバでDDR SDRAMの採用例は少なかったが、対応するチップセットが(XA-32以外にも)登場し始めたことにより、今後急速にDDR SDRAMがIAサーバのメイン・メモリとして普及するだろう。

 もう1つは、IBM独自のChipkill(チップキル)と呼ばれる技術である。これは、DIMMに搭載された複数のメモリ・チップのうち1チップが故障しても、有効なデータを保持し続けるという技術だ*2。これにより、DIMM1枚当たり4bitsのエラー(メモリ・サブシステム全体では8bits)を訂正できる。通常のECCメモリでは、1bitエラーの検出・訂正はできるが、DIMM上の1チップが故障してしまうと、4bitsもしくは8bits単位でデータが失われるので、復旧することはできない。サーバ機のように、使われるメモリ・チップの総数が多くなるシステムでは、bit単位のエラーが発生する確率だけでなく、1つ以上のチップが故障する確率も高くなるので、このような対策が有効である(本機に実装できる最大8Gbytesのメモリ容量でも、メモリ・チップ数は軽く100個を超える)。

*2 Chipkillによるデータ保護の仕組みは、大雑把にいってDIMM 1枚の各メモリ・チップをそれぞれディスクに見立ててRAID 5を実現したものと考えればよい。通常のECCでは冗長bitを特定のメモリ・チップに保存するのに対して、Chipkillでは全メモリ・チップに一定の規則で分散配置する。そして万一1チップが故障したら、残りのチップに分散して保存されているデータをかき集めて、失われたbitの分のデータを復元することができる。
 
ドータ・カードで実装されているメイン・メモリ
これはメイン・メモリであるDIMMを装着するためのドータ・カードだ。メモリを増設または交換する際には、このようにドータ・カードをマザーボードからいったん取り外して作業する。DIMMソケットは合計8本で、標準では512MbytesのDIMMが4枚、つまり合計2Gbytesが実装されている。最大容量は8Gbytesである。高速化のため、DIMMは2枚単位で装着する仕様となっている(2枚のDIMMに対してほぼ同時にアクセスすることで、ピークで2倍の転送レートを実現する)。写真で奥に立っている背の高い基板は、メモリ専用の電源供給モジュール(VRM)だ。
 
故障したDIMMを特定するための仕組み
メモリのドータ・カードには、DIMMの動作状況を表すインジケータLEDが各DIMMソケットにそれぞれ実装されている。ドータ・カードを取り外し、カード上の故障テスト用ボタンを押すと、故障したDIMMのLEDが点灯するので、交換すべきDIMMを特定できる。
  各DIMMソケットのインジケータLED。8本のDIMMソケットのほか、VRMとドータ・カード全体、故障テスト用回路それぞれの動作状況を表す合計11個のインジケータLEDが装備されている
  故障テスト用ボタン。ドータ・カードが取り外された状態でも、このボタンを押せばインジケータLEDが点灯して、故障したDIMMなどを確認できる
  故障テスト時に電力を供給するコンデンサ。マザーボードにドータ・カードが取り付けられて本機が動作している最中に、このコンデンサに電気が蓄えられる。ドータ・カードが取り出されてテスト・ボタンが押されると、電気がコンデンサから放出され、インジケータLEDを点灯する電力として使用される
 
メイン・メモリにはPC1600 DDR SDRAM DIMMを採用
これは試用機に搭載されていた512MbytesのDIMMである。本機で使えるのはECCに対応するPC1600 DDR Registered DIMM(RDIMM)だ。なお、Chipkill機能はチップセット(メモリ・コントローラ)で実現されるため、DIMM自体にChipkillへの特殊な対応は必要ない。つまり標準的なECC対応のDIMMが使えるという。

  関連記事 
攻撃的なIntelのサーバ向けプロセッサ・ロードマップ
エンタープライズ重視のIntelを示したIDF Spring 2002
大量導入向け低価格1Uサーバ「コンパック ProLiant DL320」
スケーラビリティの高い1Uサーバ「PowerEdge 1550」
10万円未満の低価格IAサーバを斬る
第2回 拡大するラックマウント型サーバ市場
1Uラックマウント型IAサーバ
RAIDの基礎知識
ブレード・サーバに見る信頼性と冗長性の関係
 
  関連リンク 
eserver xSeries 360の製品情報ページ
 


 INDEX
  [プロダクト・レビュー ]
    さまざまな新技術が注ぎ込まれたミッドレンジIAサーバ「eserver xSeries 360」(1)
    さまざまな新技術が注ぎ込まれたミッドレンジIAサーバ「eserver xSeries 360」(2)
  さまざまな新技術が注ぎ込まれたミッドレンジIAサーバ「eserver xSeries 360」(3)
    さまざまな新技術が注ぎ込まれたミッドレンジIAサーバ「eserver xSeries 360」(4)
    さまざまな新技術が注ぎ込まれたミッドレンジIAサーバ「eserver xSeries 360」(5)
 
「PC Insiderのプロダクト・レビュー」
 


System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

System Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH