連載
» 2008年03月28日 00時00分 公開

第7回 ASP.NETにおけるデータ更新処理VB6開発者のためのASP.NET開発入門(3/5 ページ)

[宮崎 昭世(Microsoft MVP for ASP/ASP.NET),日立ソフトウェアエンジニアリング]

 では、実行してみよう。

データ更新1 − 実行結果(1)
先ほどと同様に[Default.aspx]タブをクリックした後に、[デバッグ開始]ボタンをクリックすると、ブラウザにGridViewコントロールが表示される。
[選択]リンク・ボタンをクリックすると、追加した詳細ページが表示される。

データ更新1 − 実行結果(2)
詳細ページに選択した内容が表示される。
[編集]リンク・ボタンをクリックすると、詳細ページが編集可能状態となる。

データ更新1 − 実行結果(3)
詳細ページが編集可能となったことが確認できる。
試しに[au_lname]項目を「Black」に修正して、[更新]リンク・ボタンをクリックする。

データ更新1 − 実行結果(4)
詳細ページに変更後の内容が表示されていることが確認できる。

 ここまで、まったくコードを書いていないが、DB更新処理が行えるようになったのである。

複数端末からの更新時の動作

 簡単にDB更新処理が行えるようにはなったが、このままで問題ないのであろうか?

 実際にDB更新処理で不具合が起きやすい例として、複数端末(=数多くのクライアントPC)からの同時更新がある。以下でその動作を確認してみよう。

 複数端末といってもマシンを複数用意する必要はない。以下の画面のように、ブラウザを複数開けば、疑似的に複数端末からの同時更新の動作を確認できる。

2画面からの同時更新(1)
ブラウザに詳細ページが表示された状態で[Ctrl]+[N]キーを押すと、同じページが別のウィンドウで表示される。双方とも[編集]リンク・ボタンをクリックし編集状態とする。
  (1)左のウィンドウでは、[au_lname]フィールドに「Green」と入力する。
  (2)右のウィンドウでは[au_fname]フィールドに「Gates」と入力する。
  (3)「Green」と入力したウィンドウの[更新]リンク・ボタンをクリックする。
  (4)「Gates」と入力したウィンドウの[更新]リンク・ボタンをクリックする。

 上の画面の実行結果は次のようになる。

2画面からの同時更新(2)
どちらのウィンドウも更新結果が表示されているが、最初に[更新]リンク・ボタンをクリックしたページで入力した[au_lname]フィールド =「Green」が消えていることが確認できる。

 なぜこのようなことが起こるのだろうか?これにはASP.NETにおけるDBアクセスの仕組みを理解する必要がある。

ASP.NETにおけるDBアクセスの仕組み

 今回はVisual Web Developerを利用しており、すべての機能を同じマシン上で動作させているが、これを分けて考えてみよう(実運用環境ではこのような構成をとることが多い)。

 まず編集ページを表示するときには、WebサーバはDBサーバからSelect文でデータを取得し、ブラウザが解釈できる形に変換して、ブラウザに渡す。このときにブラウザに渡される情報は見た目を定義したHTMLと実際のデータである。

 次に項目の内容を変更し[更新]リンク・ボタンをクリックしたときには、ブラウザはWebサーバに対し編集後のデータを渡す。Webサーバはここで受け取ったデータのみを基にUpdate文を生成しデータを更新するのである。

 ここではそれぞれの画面で異なるフィールドを変更したが、同一のフィールドを更新した場合にも上書きされ、先に更新した画面の内容が消えてしまうことになるのである。

 このように、ほかの端末などで更新されたことを確認しないでDB更新を行う仕組みになっているため、古い値で上書きされる問題が起こるのである。

 VB6アプリでの更新時にはDB更新時にはロックをかけたと思う。しかし、ASP.NETをはじめとするWebアプリでは、このロックをかけることはできない*1。詳しくは第1回で解説しているが、ブラウザでデータが表示されている間、Webサーバはそのことをまったく知らないからである。

*1 実際にはロックを実現する処理を自分で作れば可能であるが、ブラウザが間違えて閉じられた場合などに、このロックを解除することができなくなるため、使われていないロックを解除する処理なども必要となり、煩雑であるため推奨しない。


Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。