連載
» 2008年11月04日 00時00分 公開

Linux印刷システムの仕組みと設定実践でも役立つLPICドリル(7)(3/4 ページ)

[大竹龍史,ナレッジデザイン]

演習問題

 ポイントを押さえたら、演習問題に挑戦してみましょう。問題ごとに、LPIC試験での重要度を記載しています。試験を受ける際の参考にしてください。

問題1

 CUPS印刷システムにおいて、ファイル名fileAというファイルをデフォルトではないプリンタlp2に2部打ち出します。実行するコマンドはどれですか?(2つ選択)

[試験対策の重要度:(level1)***、(level2)-]


a.lpr -#2 -P lp2 fileA

b.lpr -n 2 -d lp2 fileA

c.lpr -2 fileA

d.lp -#2 -P lp2 fileA

e.lp -n 2 -d lp2 fileA

f.lp -2 fileA

正解

 a、e

解説

 BSD系のlprコマンドでは部数は-#、プリンタ名は-Pで指定します。System V系のlpコマンドでは部数は-n、プリンタ名は-dで指定します。従って、選択肢a選択肢eが正解です。

問題2

 CUPS印刷システムにおいて、lpqコマンドとlpcコマンドでプリントキューを表示したところ、次のように表示されました。

   # lpc status lp1
   lp1:
    printer is on device 'ipp' speed -1
    queuing is enabled
    printing is disabled
    2 entries
    daemon present
   # lpq -P lp1
   lp1 is not ready
     Rank    Owner   Job     File(s)      Total Size
     1st     root    116     fstab        1024 bytes
     2nd     root    117     inittab      2048 bytes

[試験対策の重要度:(level1)**、(level2)-]


(設問1)117番のジョブはファイルの内容に誤りがあったので、取り消します。実行するコマンドはどれですか?(2つ選択)

a.lp -d 117

b.cancel 117

c.delete 117

d.lprm 117

(設問2)117番のジョブは取り消したが、116番のジョブはまだ打ち出されずに残っています。どのコマンドを実行すれば打ち出されますか?(1つ選択)

a.cupsenable lp1

b.enable 116

c.accept lp1

d.accept 116

正解

(設問1)b、d(設問2)a

解説

(設問1)印刷ジョブの取り消しはBSD系はlprmで、SystemV系はcancelコマンドで行います。印刷ジョブの指定はlpqあるいはlpstatで表示されるジョブ番号を指定します。従って、選択肢b選択肢dが正解です。

(設問2)CUPS印刷システムではキューからプリンタへの出力を許可するコマンドはcupsenableです。引数にはプリンタ名を指定します。選択肢aが正解です。

 選択肢bのenableは、System V系のコマンドであり、また引数がプリンタ名ではなくジョブ番号となっているので、間違いです。

 acceptはキューへの入力を許可するコマンドなので、選択肢c選択肢dは間違いです。

問題3

 GhostScriptのコマンドgs -hを実行して、組み込まれているドライバを表示したところ、多くのプリンタドライバに交じって、x11というドライバが表示されました。これはX Window Systemのウィンドウデバイスのドライバです。そこで次のようにgsコマンドのデバイスにx11を指定し、PostScriptプログラムsnowflak.psを引数に指定して実行するとどうなりますか?(1つ選択)

# gs -sDEVICE=x11 /usr/share/ghostscript/8.15/examples/snowflak.ps

[試験対策の重要度:(level1)*、(level2)-]


a.X のウィンドウが開き、PostScriptプログラムが実行されて、表示が行われる

b.X のウィンドウが開き、PostScriptプログラムのコードがそのまま表示される

c.gsはPDFは表示できても、PostScriptは表示できないのでエラーとなる

d. gsは印刷用のユーティリティなので、X11を経由してデフォルトプリンタに出力される

正解

 a

解説

 GhostScriptコマンド gs(/usr/bin/gs)はPostScriptインタプリタなので、PostScriptプログラムを解釈、実行できます。gsに組み込まれているほとんどのドライバはプリンタ用ですが、x11はX Window Systemのウィンドウ用のドライバです。PostScriptプログラムが実行されて、ウィンドウの中に表示が行われます。よって、選択肢aが正解です。

 なお、gsはPostScriptだけでなく、EPSやPDFにも対応しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。