連載
» 2009年07月17日 00時00分 公開

コレクションフィールドとDWRで、GAEjを業務用に進化Google App Engineで手軽に試すJavaクラウド(終)(2/4 ページ)

[清野克行,有限会社サイバースペース]

JavaとJavaScriptのデータ型を自動変換するDWRとは

 今回のサンプルのプログラム作成ではDWRを使用しています。DWRはAjaxのサーバリモーティングライブラリで、Ajaxクライアント側でのプログラム開発でも有効ですが、むしろサーバ側でのJavaプログラム開発で効果を発揮します。

サーバ側プログラムの構成

 DWRを使用した場合のシステム構成が、図10です。

図10 DWRでのシステム構成 図10 DWRでのシステム構成

DWRの特徴

 DWRの特徴は、次の3つです。

  1. サーバサイドでは、DWRの専用サーブレットを使用するため、ユーザーはPOJO形式でBeanを記述すればよい
  2. DWRにはデバッグ機能(DWRデバッグ)があり、この機能でWebブラウザクライアントと接続する前に、サーバ側単独で、Webブラウザから簡単にBeanの動作が確認できる
  3. Ajax/JavaScriptクライアントからサーバにアクセスする場合は、クラスやメソッドを呼び出すような書式で行える。これは特にJavaプログラマでJavaScriptになじみの少ない人には便利な機能

DWRを使用するための準備

 EclipseでDWRを使用するための準備は簡単です。DWRのダウンロードサイトから「dwr.jar」をダウンロードし、図11のように「WEB-INF/lib」フォルダ下に追加すれば、それでOKです。

図11 dwr.jarの追加 図11 dwr.jarの追加

 なお前回もお知らせしましたが、DWRについて詳しく知りたい読者は、下記記事を参照しておいてください。また拙著「Ajaxによる業務アプリケーション開発」(秀和システム)にも、DWRについて詳しく解説されているので、興味のある方は参照してみてください。

コレクションフィールドで、GAEjでもJOIN検索をカバー

 ここからは、ようやくサーバ側のプログラムを見ていきます。今回は、JavaBeansでのプログラム記述になります。なおDWRを使用する場合は、サーバ側単独でのデバッグ機能があることから、通常サーバ側からプログラムを作成します。

package jdoajax;
 
import java.io.IOException;
import java.util.Date;
import java.util.List;
import javax.jdo.PersistenceManager;
import jdoajax.PMF;
import jdoajax.questMsg;
 
public class questBean{
    public String addQuest(String q1,
                        List<String> q2,                                            // 【1】
                        String q3,
                        String comment,
                        String qname,
                        String qmail,
                        String qaddr) 
    {
        Date date = new Date();
 
        questMsg qmsg = new questMsg(q1,q2,q3,comment,qname,qmail,qaddr,date);      // 【2】
        PersistenceManager pm = PMF.get().getPersistenceManager();                  // 【3】
        Transaction tx = pm.currentTransaction();
        try {
            pm.makePersistent(qmsg);                                                // 【4】
        } catch(Exception e){
            return "NO: 登録不成功 Error = " + e;
        } finally {
            pm.close();                                                             // 【5】
        }
        return "OK: 登録成功";
    }
    
    public String revQuest() {
        PersistenceManager pm = PMF.get().getPersistenceManager();                  // 【6】
        String out = "";
        String query = "select from jdoajax.questMsg order by date desc range 0,5"; // 【7】
        List<questMsg> qMsg = (List<questMsg>)pm.newQuery(query).execute();         // 【8】
        if(qMsg.isEmpty()){
            out = "NO:msg2 is empty";
        }else{
            for (questMsg m : qMsg) {
                String q1_r = m.getQ1();
                List<String> q2_l = m.getQ2();                                      // 【9】
                String[] q2_sr = (String[])q2_l.toArray(new String[0]);             // 【10】
                String q2_r = "";
                for(int i=0; i < q2_sr.length;i++){
                    q2_r += q2_sr[i]+"<c>";                                         // 【11】
                }
                String q3_r = m.getQ3();
                String comment = m.getComment();
                String qname_r = m.getQname();
                String qmail_r = m.getQmail();
                String qaddr_r = m.getQaddr();
                Date date_r = m.getDate();
                out=out+q1_r+"<i>"
                    +q2_r+"<i>"
                    +q3_r+"<i>"
                    +comment+"<i>"
                    +qname_r+"<i>"
                    +qmail_r+"<i>"
                    +qaddr_r+"<i>"
                    +date_r+"<r>";
            }
        }
        return out;
    }
}
リスト1 questBean.java

 リスト1は、今回サンプルのJavaBeans(questBean.java)で、アンケート登録用のaddQuestと、アンケート一覧参照で使用されるrevQuestの2種類のメソッドが記述されています。

 最初に登録用のaddQuestメソッドを見ていきますが、Bigtableへの永続化手順については、前回見た内容とほぼ同じです。ただし今回は、Bean内の処理で、特にコレクションフィールド、つまりリスト形式データの永続化を行うので、この部分の処理が異なっており、この点に焦点を当てて見ていきます。

コレクションフィールドを持つデータオブジェクトのBigtable登録

 図12はアンケート登録用Bigtableのエンティティ構造です。

図12 アンケート登録用Bigtableでのエンティティ構造 図12 アンケート登録用Bigtableでのエンティティ構造

 プロパティQ2の部分がリスト形式になっています。画面からの入力では、Q2項目は最大9個まで選択可能で、選択数に対応してQ2のリスト項目数は変わっていきます。このサンプルでは、Q2だけがリスト形式ですが、Bigtableではキー項目以外の任意のプロパティ項目をリストにでき、リスト項目の数も任意です。

 また、今回の例では触れていませんが、エンティティ(≒テーブル)にフィールド(≒テーブル項目)を任意に追加したり、あるいはデータ属性を変えたりすることも可能です。

 Bigtableは、このようにエンティティ構造に柔軟性があるため、RDBでの正規化、特に第1正規形でのテーブル分割が必要なくなります。Bigtableには検索時のテーブルJOIN(結合)機能はありませんが、以上のようなBigtableの柔軟な機能を利用することによって、JOIN機能が必要ないエンティティ構造にすることもできるわけです。

 次ページでは、引き続きサーバ側の処理について解説し、DWRデバッグでサーバ処理機能を確認する方法を紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。