連載
» 2016年08月23日 05時00分 公開

ロボットカーで情報セキュリティを学ぼう! 中学生が見慣れぬコマンドラインと奮闘セキュリティ・ジュニアキャンプ in 高知レポート(前編)(2/3 ページ)

[谷崎朋子@IT]

慣れないCLIに戸惑いながら、ロボットカーの操作コードを書く中学生たち

 1日目の初めには、ロボットカーを動かすためのLinuxやプログラミングの基礎に関する講義が行われた。ロボットカーは、小型PC「Raspberry Pie 2 Model B」を搭載しており、PCから無線LAN経由でRaspberry PieのWebサーバに接続し、ロボットカー前方に取り付けられたカメラや車輪を制御するDCモーターを操作する仕組みだ。

各チームに割り当てられたロボットカー 各チームに割り当てられたロボットカー

 ロボットカーの構成や操作の概要は講師の服部祐一氏が説明し、Linuxの基本コマンドやnanoテキストエディタを使ったファイルの編集方法などは、茨木隆彰氏が解説を行った。全体像が見えたところで、いよいよプログラミング開始だ。

 なお、ロボットカーを操作するためのプログラムには、既に前進・後退・停止を指示するコードが書かれている。あとは、これらのコードを応用して左右に旋回するコードを書くのが学生たちの役目だ。また、毎回コマンドを入力しなくてもいいように、左右・前進・後進をボタンで操作できるWebページも作成する。

 とはいっても、WindowsやMacのグラフィカルなインタフェースしか知らない中学生たちにとって、Linuxでのコマンド操作は未知の世界だ。本講座の1週間前にはLinuxを使ったことがない希望者向けに90分の事前勉強会が開催されたが、慣れない操作環境に苦戦する参加者も少なくなかったようだ。

高知高専のチューターの説明に手を動かす参加者たち 高知高専のチューターの説明に手を動かす参加者たち
コマンドを丁寧にメモ コマンドを丁寧にメモ

 小学校5年生のときに父親からPCを与えてもらったと話す中学1年生は、「普段はWindowsしか使っていないので、Linuxの黒い画面が難しく感じる」と冴えない表情。また、学校でも仲良しと話す中学3年生の2人組は「隔週1回のITの授業で、Scratchでロボットカーを操作するプログラムを作ったことがある」と教えてくれた。そのため、コンポーネントを組み合わせるという発想は受け入れやすかったようだが、その中身を自分で書くことにはやはりなじみがないようで、戸惑っている様子だった。結局、初日は多くの参加者がプログラムを完成させることができず、翌日に作業を持ち越すことになった。

学校の友達で一緒に参加を決めたと話す仲良し2人組 学校の友達で一緒に参加を決めたと話す仲良し2人組

 夕食後は座学の時間だ。最初にセキュリティ・キャンプ講師の園田道夫氏が、脆弱(ぜいじゃく)性やバグとは何か、攻撃を防ぐにはどう対策すべきか、といった議題を投げ掛け、ディスカッションを行った。攻撃を受けたらどうするかという質問に対して「反撃する!」と即答する参加者を、「それは危険な考えだ」と園田氏が苦笑しながらたしなめる場面もあるなど、最後まで活発な意見が交わされた。

 また、続く講義では、同じくセキュリティ・キャンプ講師のはせがわようすけ氏が、Webアプリケーションなどに脆弱性があると何が起こるのか、どうすれば対策が可能なのかを説明。欠陥のあるゲームでチートができるかどうかを実際に触って探るなど、飽きさせない仕掛けで情報セキュリティの大切さを伝えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。