連載
» 2018年05月29日 05時00分 公開

実践「AD FS 2016」を使って「Office 365」とのSSO評価環境構築:Azure環境とAD DSの構築編AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(3)(3/6 ページ)

[増田裕正,富士ソフト株式会社]

仮想マシンへのプライベートIPアドレスの設定

 作成した仮想マシンに固定のプライベートIPアドレスを設定します。通常、OSの設定でネットワークアダプターに固定IPアドレスを指定しますが、Azureでは設定画面で固定IPアドレスを指定します。

  • 1:[リソース グループ]−[adfsResourceGroup]−[概要]を選択します
  • 2:表示されたリストの中から、[名前]が「adds001」で始まる「ネットワーク インターフェイス」を選択します。今回は[adds001434]を選択
図表6 ネットワーク インターフェイスの選択画面
  • 3:[設定]−[IP 構成]−[ipconfig1]を選択します
  • 4:[プライベート IP アドレスの設定]−[割り当て]−[静的]を選び、[保存]を選択します
図表7 プライベート IP アドレスの設定画面
  • 5:手順3と同様に、ネットワーク インターフェイスを選択、[設定]−[IP 構成]で表示される[ipconfig1]の[プライベート IP アドレス]が、「(静的)」と表示されていることを確認します。今回は「10.2.0.4(静的)」と表示されています
図表8 プライベートIPアドレスの確認
  • 6:手順2〜5と同様に、「adcs001」(AD CS)、「adfs001」(AD FS)、「wap001」(WAP)のプライベート IP アドレスに[静的]を設定してください。ただし、手順2では表示されたリストの中から、[名前]がそれぞれ「adcs001」「adfs001」「wap001」で始まるネットワーク インターフェイスを選択します。今回は、[adds001434]、[adcs001282]、[adfs001335]、[wap001420]を選択しています

Windows Server 2016 の更新プログラムのインストール

 作成した全ての仮想マシンに更新プログラムを適用します。

  • 1:[リソース グループ]−[adfsResourceGroup]−[概要]を選択します
  • 2:表示されたリストの中から仮想マシンの[adds001]を選択し、[概要]の[パブリック IP アドレス]を確認します。今回は「52.243.37.43」と表示されています
図表9 パブリック IP アドレスの確認画面
  • 3:作業用PCで、[スタート]−[Windows アクセサリ]−[リモート デスクトップ接続]を選択します
  • 4:[コンピューター]に手順2で確認したadds001のパブリックIPアドレス(今回は「52.243.37.43」)を入力し、[接続]を選択します
  • 5:[資格情報を入力してください]が表示されたら、[その他]を選択し、[別のアカウントを使用する]を選択します
  • 6:[ユーザー名]と[パスワード]に「仮想マシンの作成の手順6」で作成したユーザー名(今回は「adds001\localadmin」)とパスワードを入力してください
  • 7:仮想マシンadds001上で、[スタート]−[Settings]−[Update & security]を選択します
図表10 更新プログラムのインストール画面への移動方法
  • 8:[Update status]に[Install now]と表示された場合は、[Install now]を選択、[Check for update]と表示された場合は、[Check for update]を選択します。更新のダウンロードおよびインストール完了後、[Restart now]が表示された場合は[Restart now]を選択し、仮想マシンを再起動します。同様の手順を繰り返し、[Check for update]を選択しても更新のダウンロードが開始されなくなるまで実施します
  • 9:手順1〜8と同様に、仮想マシン「adds001」、仮想マシン「adfs001」、仮想マシン「wap001」に接続してWindows Server 2016の更新プログラムを適用し、最新の状態にしてください

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。