連載
» 2018年05月29日 05時00分 公開

実践「AD FS 2016」を使って「Office 365」とのSSO評価環境構築:Azure環境とAD DSの構築編AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(3)(2/6 ページ)

[増田裕正,富士ソフト株式会社]

1.Azure環境の構築

 各サービスを構築するためにAzure上に仮想ネットワーク、仮想マシンを構成します。

仮想マシンの作成

 AD DS、Active Directory証明書サービス(AD CS)、Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)、Web Application Proxy(WAP)を構築するために4台の仮想マシンを作成します。Azureでは、仮想マシンの作成時に既存の仮想マシンイメージを利用できるため、「Windows Server 2016 Datacenter」の仮想マシンイメージを選択して仮想マシンを作成します。

  • 1:まずAzureポータルに接続します。作業用PCのブラウザから、「portal.azure.com」にアクセスし、サインインして、Azureポータルのトップ画面にログインします
  • 2:[新規]−[Compute]−[Windows Server 2016 Datacenter]を選択します
  • 3:[基本]が表示されます。[名前]に任意のコンピュータ名を入力します。今回はAD DS用として「adds001」を入力します
  • 4:[VM ディスクの種類]に任意の項目を選びます。今回は[HDD]を選択します
  • 5:[ユーザー名][パスワード][パスワードの確認]に任意の値を入力します。今回はユーザー名に「localadmin」を入力します
  • 6:[サブスクリプション]に構築対象とするサブスクリプションを選択します
    ※1 無料アカウントを利用している場合は、[無料試用版]が選択されていることを確認します
  • 7:[リソース グループ]−[新規作成]を選択し、任意のリソース グループ名を入力します。今回は「adfsResourceGroup」を入力します
  • 8:[場所]に任意のリージョンを選択し、[OK]を選択します。今回は、[東日本]を選びます
  • 9:[サイズの選択]が表示されます。[全て表示]を選択して任意の仮想マシンサイズを選び、[選択]を選択します。今回は[A2_v2 Standard]を選択します
  • 10:[設定]が表示されます。[Virtual Network]−[新規作成]−[アドレス空間]に任意のアドレス空間サイズを入力し、[OK]を選択します。今回は「10.2.0.0/24」を入力します
  • 11:[ネットワーク セキュリティ グループ]−[新規作成]−[名前]に任意のネットワークセキュリティグループ名を入力し、[OK]を選択します。今回は、「adfsNsg01」を選択
  • 12:[仮想マシンの作成]−[作成]を選択します
  • 13:Azureポータルのトップ画面が表示され、仮想マシンが作成されます
  • 14:手順3のコンピュータ名を「adcs001」(AD CS)、「adfs001」(AD FS)、「wap001」(WAP)にし、手順13までの手順を繰り返して4つの仮想マシンを作成します。ただし、手順7では、[リソース グループ]−[既存のものを使用]−[adfsResourceGroup]を選択します。また手順11では、「adcs001」「adfs001」を作成する場合には[ネットワーク セキュリティ グループ]で[adfsNsg01]を選択、「wap001」を作成する場合は、[ネットワーク セキュリティ グループ]−[新規作成]−[名前]に「adfsNsg02」を入力してください
  • 15:[リソース グループ]−[adfsResourceGroup]−[概要]を選択し、4台の仮想マシンが作成されていることを確認します
    ※2 表示されたリストを[種類]で降順ソートすると、[仮想マシン]が一番上に表示されます
図表4 作成した仮想マシンの確認
  • 16:[リソース グループ]−[adfsResourceGroup]−[ダイアグラム]を選択し、作成した仮想マシンのネットワークグループを確認します
図表5 ネットワークセキュリティグループの確認

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。