連載
» 2019年10月15日 05時00分 公開

[Python入門]urllib.requestモジュールによるWebページの取得Python入門(2/2 ページ)

[かわさきしんじ,Deep Insider編集部]
前のページへ 1|2       

urlencode関数によるクエリ文字列の作成

 クエリ文字列をURLに付け加えるには、urllib.parseモジュールのurlencode関数を使うのが簡単だ。この基本構文を以下に示す(より詳細な構文についてはPythonのドキュメント「urllib.parse.urlencode」を参照のこと)。

urllib.parse.urlencode関数

urllib.parse.urlencode(queryparam)


 queryparamに指定した辞書または2要素のタプルを要素とするシーケンスをパーセントエンコードされた文字列に変換する。

パラメーター 説明
queryparam キー/値を要素とする辞書オブジェクトか、(キー、値)というタプルを要素とするシーケンス(リストなど)
urllib.parse.urlencode関数のパラメーター


 実際の使用例を以下に示す。

param1 = {'foo': 'フー', 'bar': 'bar'# 辞書形式
param2 = [('foo', 'foo'), ('bar', 'バー')]  # 2要素のタプルを要素とするリスト
print(urllib.parse.urlencode(param1))
print(urllib.parse.urlencode(param2))

urlencode関数によるクエリ文字列の作成

 実行結果を以下に示す。

実行結果 実行結果

前のページへ 1|2       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。