連載
» 2021年04月02日 05時00分 公開

【Googleドキュメント】気付けば対応していた、Wordの変更履歴やコメントへの対応を試してみるTech TIPS(2/2 ページ)

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
前のページへ 1|2       

Googleドキュメントの変更履歴機能を有効にする

 Office互換モードでGoogleドキュメントが起動すると、編集モード([表示]メニューの[モード]−[編集]が選択された状態)で文書ファイルが開く。このモードでは、直接文書ファイルが編集できるが、変更履歴が残らない。オリジナルのDOCXファイルの変更履歴やコメントなどが表示された状態のため、変更履歴が残るように見えるので注意が必要だ。

 Googleドキュメントで変更履歴を有効にするには、明示的に[表示]メニューの[モード]−[提案]を選択して、提案モードにする。これにより、Wordで[校閲]タブの[変更履歴の記録]を選択したのと同様の状態になる。ただ、Wordがサポートする[シンプルな変更履歴/コメント](変更履歴を反映した状態で表示し、校正履歴を記録するモード)はサポートしておらず、Wordで[すべての変更履歴/コメント]が選択された状態になる(変更履歴などが文書中に全て表示された状態)。

前のページへ 1|2       

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。