ニュース
» 2021年08月06日 08時00分 公開

「日本は5Gをリードする国の一つといえる」 ガートナーが無線ネットワークインフラ市場の売り上げを予測2021年の売上高は対前年比で39%増加

Gartnerは、全世界の5Gネットワークインフラの売上高が、2021年は対前年比39%増の191億ドルになるとの見通しを発表した。CSP間の競争激化が5Gの導入ペースを加速させており、5Gサービスを提供するCSPの割合は2024年には60%に拡大すると予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2021年8月5日、2021年の無線ネットワークインフラ市場売上高予測を発表した。それによると5G(第5世代移動通信システム)ネットワークインフラの売上高が、対前年比39%増の191億ドルになるという。

画像 世界の無線ネットワークインフラ市場売上高予測(単位は百万ドル、出典:Gartner

「新しいRANの活用で5G導入が進む」

 通信サービスプロバイダー(CSP)は2020年から5Gの開発を加速させており、2021年時点で5Gの売上高は市場の約4割を占める。

 地域別の売上高は、北米が2020年の29億ドルから43億ドルに拡大し、西欧は2020年の7億9400万ドルから16億ドルに増加。中華圏は2020年の74億ドルから91億ドルに増えるとGartnerは予測する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。