連載
» 2021年08月17日 05時00分 公開

Windows 10クライアントのエディションやバージョン情報を収集する便利な方法企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(106)

膨大な数のWindowsクライアントPCやWindows Serverを管理している企業や組織にとって、どのバージョンのOSが稼働しているのかを把握することは重要です。半期に一度、新しいバージョンが登場するWindows 10を導入した場合はなおさらです。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

Windows 10になって重要度を増したバージョン管理

 「Windows 10」および「Windows Server 2016」以降、Windows/Windows Serverのバージョン(Windows 10の機能更新プログラム)ごとに異なるOSビルド番号(例:19043)や、品質更新プログラムによってインクリメントされるリビジョン番号(例:19043.1052の「1052」の部分)では、そのOSがサポート期間中であるかどうかや、最新状態に更新されているかどうかを判断することができます。半期チャネル(SAC)のWindows 10は「18カ月」(標準)または「30カ月」(EnterpriseおよびEducationの下半期リリース)の短いライフサイクルであるため、バージョン管理は特に重要です。

 最新情報は以下の「Windows 10リリース情報」のサイトで確認できます。このサイトは2021年7月8日(米国時間)に日本語を含む各国語にローカライズされました。

 2021年4月からWindows 10の標準になったChromiumベースの新しい「Microsoft Edge」は、6週ごと(バージョン94以降は4週ごと)のより短いリリースサイクルとなり、セキュリティ更新はさらに頻繁にリリースされています。日本語ページに最新情報が反映されるまでにはタイムラグがあります。

 「Microsoft 365」アプリを導入している場合は、そのバージョン管理も必要です。こちらも日本語ページに最新情報が反映されるまでにはタイムラグがあります。

 管理対象となるPCのバージョン管理ができていないと、更新プログラムの配布や機能更新プログラムの展開作業、Windows 10の新バージョンに追加された新しいセキュリティ技術への対応などを困難にするでしょう

Active DirectoryからOSのバージョン情報を取得するには

 Active Directoryドメインに参加しているクライアントPCやサーバの場合は、コンピュータアカウントの属性値として、ドメインに最後にログオンしたときのOS名とバージョン、「Service Pack」(「Windows 7」および「Windows Server 2008 R2」以前)が記録されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。