ITmedia DX
ニュース
» 2021年08月31日 12時20分 公開

トレンドの評価をしていない経営陣は重要な動きを見逃す Gartner「企業経営者が評価すべき7つの分野」とは

Gartnerは「効果的な戦略計画を立てるために評価すべき7つのトレンド」についての見解を発表した。将来の売り上げ成長に向けた戦略計画の策定には7分野のトレンドに関する評価が重要だという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2021年8月26日(米国時間)、企業の経営層に対して「効果的な戦略計画を立てるために評価すべき7つのトレンド」についての見解を発表した。

画像 企業経営者が評価すべき7分野のトレンド(出典:Gartner

 Gartnerは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行に伴い、多くの長期計画が棚上げされたが、企業の経営層は将来の売り上げ成長に向けて、戦略計画を策定すべき時期に来ている。そのためには、7つの分野のトレンドを評価する必要がある」と指摘する。

経営者が注目すべき「TPESTRE」とは何か

 同社が指摘する7つの分野は以下の通り。

  • 技術(Technological)
  • 政治(Political)
  • 経済(Economical)
  • 社会/文化(Social/Cultural)
  • 信頼/倫理(Trust/Ethics)
  • 規制/法令(Regulatory/Legal)
  • 環境(Environmental)

 Gartnerはこの7分野を、各英単語の頭文字をつなげて「TPESTRE」と総称している(“タペストリー”と発音。これは“Tapestry”<つづれ織り>をイメージしている)。各分野の注目すべきトレンドは以下の通り。

技術(技術変化の進展、インパクト、ディスラプション)

  • 「人間の体験」の拡張
  • 場所を問わずにできるオペレーション
  • プライバシーを強化するコンピュテーション

政治(政治環境をシフトさせる姿勢、制度、法制)

  • テクノナショナリズム(技術を他国に公開しないようにすること)
  • 宇宙経済
  • 偽情報への対応

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。