ニュース
» 2021年09月09日 08時00分 公開

オープンデータの活用を促進する「データプラットフォーム」の提供を開始 オープントーンスマートシティーとの連携も視野に

オープントーンは、オープンデータを有効活用し、データ収集から活用までにかかる時間を短縮できるデータプラットフォームの提供を開始した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オープントーンは2021年9月8日、スマートシティーにも活用可能なデータプラットフォームの提供を開始すると発表した。オープンデータを有効活用し、データ収集から活用までにかかる時間を短縮できるという。

画像 オープンデータを活用するために必要な作業(出典:オープントーン資料)

オープンデータは「前準備に時間がかかる」

 自治体や政府機関、独立行政法人などでさまざまなオープンデータが公開されているが、オープントーンによると「データ活用までの工程は、データ収集やデータ管理、データの可視化、データ分析というように多岐にわたり、実際に活用するまでには多大な時間とコストがかかる」という。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。