ニュース
» 2021年09月16日 08時00分 公開

「満足度は従業員よりも経営層の方が高い」 デル・テクノロジーズがテレワークに関する調査結果を発表導入率は前回調査を下回り、低迷中

デル・テクノロジーズは、テレワークとニューノーマル時代の働き方に関する意識調査のうち、「前編:テレワーク導入状況」の結果を発表した。中小企業におけるテレワーク導入率は前回調査を下回る結果となり、普及率が低迷していることが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 デル・テクノロジーズは2021年9月13日、「テレワークとニューノーマル時代の働き方に関する意識調査」のうち、「前編:テレワーク導入状況」の結果を発表した。

画像 テレワーク導入率の推移(出典:デル・テクノロジーズ資料)

 調査は2021年8月に、従業員数1〜99人の中小企業の経営者と従業員1110人を対象に実施した。それによると、テレワークを導入している中小企業の割合は26.8%で、前回調査時(2020年7月)の36.0%から9.2ポイント減少した。テレワークを実施している割合も26.8%。今までテレワークを実施したことがないと回答した割合は68.0%に上った。

経営層の3割は「毎日テレワーク」

 テレワークの実施頻度は「週1〜2回」が最も多く、40.3%を占めた。次いで、「週3〜4回」が29.2%。「毎日」は24.5%だった。

画像 経営層と従業員のテレワーク頻度(出典:デル・テクノロジーズ資料)

 テレワークを実施している人の満足度を聞いたところ、「満足」または「やや満足」と回答した割合は56.4%で、特に経営者・役員など経営層の満足度が高かった。「満足」と回答した従業員は14.8%だったのに対して、経営層の割合は31.3%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。