連載
» 2021年09月21日 05時00分 公開

PolyBaseのノード状態やパフォーマンスに関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(44)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseのノード状態やパフォーマンスに関する情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_compute_node_status」における、「PolyBase」のノード状態やパフォーマンスに関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016以降です。

概要

 大規模データを効率的に処理することができる「Hadoop」に対して、SQL ServerはPolyBaseを使用して接続できます。しかし、大量のデータを処理するに当たり、単一のSQL Serverだけではボトルネックが発生し、想定したパフォーマンスがでないことがあります。

 PolyBaseをスケールアウトグループで構成すると並列で処理することができるため、パフォーマンスを向上させられます。「sys.dm_exec_compute_node_status」を実行すると、PolyBaseのノードの状態やパフォーマンスに関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
compute_node_id int ノードに関連付けられているID
process_id int PolyBaseのプロセスID
process_name nvarchar(255) ノードの論理名
allocated_memory bigint このノードで割り当てられたメモリの合計
available_memory bigint このノードで使用可能なメモリの合計数
process_cpu_usage bigint プロセスの総CPU使用率
total_cpu_usage bigint 合計のCPU使用率
thread_count bigint このノードで使用しているスレッドの合計数
handle_count bigint このノードで使用中のハンドルの合計数
total_elapsed_time bigint システムの起動または再起動からの経過時間
is_available bit このノードが使用できるかどうかを示すフラグ
sent_time datetime 最後に送信したネットワークパッケージの日時
received_time datetime 最後に受信したネットワークパッケージの日時
error_id nvarchar(36) このノードで発生した最後のエラーID

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。