連載
» 2021年09月13日 05時00分 公開

実行プランに関連付けられた実行コンテキストの一覧を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(42)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、実行プランに関連付けられた実行コンテキストの一覧の出力について解説します。

[伊東敏章,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_cached_plan_dependent_objects」における、実行プランに関連付けられた実行コンテキストの一覧の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2008以降です。

概要

 SQL Serverでは、クエリを実行する際にはクエリのコンパイルにより作成された実行プランが使用されます。実行プランに従ってクエリを実行する際には、実行プランごとの実行コンテキストが作成、利用されます。カーソルを利用する際にも、カーソルごとのカーソルコンテキストが作成され、実行時に利用されます。

 これらの実行コンテキストやカーソルコンテキストはプランごとに保存され、2回目以降のクエリ実行の際に再利用されます。また、既にクエリが実行中で、再利用できるコンテキストが無い場合には新しく作成され、使用が終わったらキャッシュに追加されます。

 「sys.dm_exec_cached_plan_dependent_objects」動的管理関数を利用することで、実行プランに保存された実行コンテキスト、カーソルコンテキストの一覧と利用回数を出力できます。

 なお、「sys.dm_exec_cached_plan_dependent_objects」動的管理関数にはプランハンドルが必要なため、「sys.dm_exec_cached_plans」動的管理ビューなどのプランハンドルを出力できる動的管理ビューと組み合わせて使用する必要があります。

構文と引数

構文 sys.dm_exec_cached_plan_dependent_objects(plan_handle)

引数名 データ型 説明
plan_handle varbinary(64) プランハンドルを渡す

出力内容

列名 データ型 説明
usecounts int 実行コンテキストまたはカーソルが使用された回数
memory_object_address varbinary(8) 実行コンテキストまたはカーソルのメモリアドレス
cacheobjtype nvarchar(50) プランのキャッシュオブジェクトの種類
 Executable plan
 CLR compiled function
 CLR compiled procedure
 Cursor

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。