連載
» 2021年10月05日 05時00分 公開

WSUSでのWindowsクライアントの更新管理を簡素化する「SSU+LCU統合パッケージ」とは企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(109)

MicrosoftはWindowsおよびWindows Server向けに、品質更新プログラムとして毎月の「累積更新プログラム(CU)」とは別に、「サービススタック更新プログラム(SSU)」を不定期にリリースしています。Microsoftは更新管理を簡素化するため、一部のバージョンを対象に「Windows Server Update Services(WSUS)」向けにこれらを1つのパッケージに統合して提供しています。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

「累積更新(CU)」とは別に提供される「サービススタック更新(SSU)」

 「Windows Update」「Microsoft Updateカタログ」「Windows Server Update Services(WSUS)」といったWindows標準の更新チャンネルでは、WindowsおよびWindows Serverの品質更新プログラムとして、毎月の「累積更新プログラム」(Cumulative Update、CU、最新のものを特にLatest CU、LCUと呼びます)とは別に、「サービススタック更新プログラム(Servicing Stack Update、SSU)」が先行的に、あるいは同じタイミングで提供される場合があります。

 SSUは、累積更新プログラムの方式で提供される品質更新プログラムをインストールする役割を担うコンポーネント「サービススタック」に対する修正を行う、小さな更新プログラムです。主に今後の累積更新プログラムや、「Windows 10」の機能更新プログラムのインストールで発生する可能性のある問題に対処するために提供されます。

 毎月の累積更新プログラムは、前提条件として特定バージョン、あるいは最新のSSUのインストールを必要とするものがあります。Windows Update経由で更新する場合、必要に応じて最新のSSUが自動的にダウンロード、インストールされるため、前提条件としての個別のSSUについて心配する必要はありません。しかし、Microsoft Updateカタログから累積更新プログラムを入手してインストールする場合や、WSUSを利用して累積更新プログラムを配布する場合は、前提条件としてのSSUを含めて、適切に準備する必要があります。特に、WSUSを利用する場合、同期されたカタログから適切なSSUとLCUの組み合わせを承認して配布するのは手間のかかる作業です。

Windows 10 バージョン2004以降は既にSSUとLCUの統合パッケージに

 Microsoftは2020年12月から、Windows 10 バージョン2004以降向けにSSUとLCUを1つのパッケージに統合したものを、WSUSにプレビュー(Windows Insider Pre-releaseのこと、毎月後半にリリースされるオプションの更新プログラムを示す“プレビュー”とは異なります)として、LCUの承認作業を簡素化するオプションを提供しました。このプレビューは2021年2月までに終了し、以降、Windows 10 バージョン2004/20H2/21H1(2021年5月リリース)向けには標準でSSUとLCUの統合パッケージとして提供されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。