連載
» 2021年10月06日 05時00分 公開

迫るサポート終了の日! それでもまだIEを使いたい山市良のうぃんどうず日記(216)

MicrosoftはユーザーをレガシーなInternet ExplorerからモダンブラウザであるChromium版Microsoft Edgeに移行させるため、手を替え品を替え(とは言い過ぎかもしれませんが)、積極的に、時には強引に動いています。Windows 10におけるIEのサポートは「2022年6月15日」まで続くのですから、それまではそっとしておいてください……と言いたいです。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「山市良のうぃんどうず日記」のインデックス

山市良のうぃんどうず日記

Microsoft 365アプリがIEのサポートを完全に終了

 「Internet Explorer(IE)」はレガシーなWebブラウザであり、かなり早い段階からFacebookやYouTube、Twitterなど主要なWeb/SNSサービスはIEでは動作しなくなりました。IEでアクセスしようとすると「Microsoft Edge」に切り替わるようになっています。

 Microsoftは同社のWebサイトの一部や、「Microsoft Azure」「Microsoft 365」などのクラウドサービスでIEのサポートを段階的に終了してきました。例えば、「Azureポータル」については、2021年3月末でIEのサポートを終了しています。

 Microsoft 365のアプリおよびサービスについては、レガシーなMicrosoft Edgeのサポートを「2021年3月9日」で終了し、「2021年8月17日」にIE 11のサポートを完全に終了しました。現在、IEでMicrosoft 365のアプリやサービスにアクセスすると、意図的にブラウザの設定を変更していない限り、Microsoft Edgeに切り替わると思います(画面1)。

画面1 画面1 Microsoft 365アプリのIEサポート終了に合わせるかのように、Microsoft 365のサービスへのアクセスがMicrosoft Edgeに自動的にリダイレクトされるようになった

いつの間にか、IEによるアクセスが全てMicrosoft Edgeに切り替わるように

 Microsoftは、「Windows 10」の半期チャネル(SAC)のバージョン20H2以降や「Windows 8.1」におけるIEのサポートを、「2022年6月15日」で終了することを発表しています。IEが削除されるわけではありませんが、その日以降、IEのアプリケーション(iexplore.exe)を起動しようとしても、Microsoft Edgeが起動するようになるそうです。

 「既にそんな状態になっている」というユーザーもいるでしょう。IEが起動できないわけではありませんが、つい先日までIEでアクセスできていたサイトが、「このWebサイトがMicrosoft Edgeよりも適切に機能します」と表示されるようになり、Microsoft Edgeに切り替わるという状態です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。