ニュース
» 2021年10月08日 08時00分 公開

「クラウドネイティブアーキテクチャが急速に浸透」 IDCが国内パブリッククラウドサービス市場を予測対前年比20.3%増の1兆5087億円

IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2021年の市場規模は、対前年比20.3%増の1兆5087億円になる見込み。2020〜2025年の年間平均成長率は18.4%で、2025年の市場規模は2兆9134億円になると予測する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2021年10月4日、国内パブリッククラウドサービス市場の予測を発表した。2021年の市場規模は対前年比20.3%増の1兆5087億円になる見込み。同社は2020〜2025年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を18.4%とみており、2025年の市場規模は対2020年比2.3倍の2兆9134億円になると予測する。

画像 2020〜2025年の国内パブリッククラウドサービス市場、売上額予測(提供:IDC

DXを「優先度の高い経営課題」と認識する企業が増えている

 IDCは、国内パブリッククラウドサービス市場の今後の成長をけん引する要因として、DX(デジタルトランスフォーメーション)やデータ駆動型ビジネスに向けた投資を企業が活性化する点を挙げた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。