ニュース
» 2021年10月08日 17時00分 公開

「Python」が初の首位に、プログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」「C」「Java」は下降中

TIOBE Softwareが発表したプログラミング言語の人気ランキング「TIOBEインデックス」の2021年10月版では、20年間で初めて「Python」が初めて首位に立った。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソフトウェア品質の評価と追跡を手掛けるTIOBE Softwareは、2021年10月版の「TIOBEプログラミングコミュニティーインデックス」(通称「TIOBEインデックス」)を発表した。

 TIOBEインデックスは、プログラミング言語の人気を示すランキングで、同社が毎月更新している。今回は「Python」が11.27%のレーティングを獲得し、首位となった。Pythonが首位に立ったのは、2021年7月に20周年を迎えたTIOBEインデックスの歴史の中で初めて。これまでに首位になった言語は、「C」と「Java」の2つだけだった。

 2〜5位の言語(レーティング)と2020年10月比のレーティングの変動は次の通り。

C(5.79ポイント減の11.16%)
Java(2.11ポイント減の10.46%)
C++(0.57ポイント増の7.50%)
C#(1.10ポイント増の5.26%)

 CとJavaは上位50言語の中で、レーティングの下降幅が最も大きい2言語だった。

 一方、「C#」と「Visual Basic」「Classic Visual Basic」の3言語は、レーティングの上昇幅が2020年10月比で1ポイントを超えた。

 TIOBE SoftwareのCEOであるポール・ジャンセン氏は「Pythonはシンプルなスクリプト言語として、『Perl』の代替としてスタートし、成熟してきた。学習がしやすく、膨大なライブラリが提供されており、あらゆる分野で広く使われるようになり、今では最も人気のあるプログラミング言語となっている」と述べた。

1〜20位にはどのようなプログラミング言語が並んでいるのか

 公開されたTIOBEインデックスの内容は次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。