連載
» 2021年10月12日 05時00分 公開

Windows 11一般提供開始、企業での導入/展開時に注意すべきポイントは?企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(110)

MicrosoftはWindowsデスクトップOSの最新バージョンである「Windows 11」を正式にリリースし、Windows 11対応ハードウェアを搭載したWindows 10デバイスに対して、無料アップグレードの段階的なロールアウトを開始しました。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内」のインデックス

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内

企業クライアントとしてのWindows 11、十分に評価した上で導入を

 Microsoftは2021年10月4日(米国時間)、「Windows 10」の後継デスクトップOSとなる「Windows 11」を正式にリリースしました。製品名は「Windows 11」、OSビルドは「22000」、バージョンは「21H2」です。リリース時点の詳細なビルドは、それまでWindows Insider Betaチャネルで提供されていた最新ビルド「22000.194」から変わりありません。

 Windows 11のリリースに合わせ、OEMベンダーからはWindows 11プリインストールPCの出荷が開始されています。個人向け(ボリュームライセンスのWindows 10ではない場合)には手動でアップグレードする方法も用意されています(ただし、Windows Updateによる配布を待つことが推奨されています)。

 なお、半期チャネル(1年に2回リリース)のWindows 10とは異なり、Windows 11に対する機能更新プログラムは年次リリース(1年に1回)になり、Home、Proエディションはリリースから24カ月(バージョン21H2は2023年10月10日)まで、Enterprise、Educationはリリースから36カ月(バージョン21H2は2024年10月8日まで)、サポートされます。

 一方、企業向けにはボリュームライセンスセンター(VLSC)でのISOイメージの提供の他、「Windows Server Update Services(WSUS)」や「Windows Update for Business」での配布も同日より可能になっており、「Windows 11 Enterprise」の180日評価版の提供も開始されています(画面1)。

 また、Microsoft Azureでは、「Azure Virtual Desktop」向けのWindows 11イメージが利用可能になり、正式なサポートが開始されました。「Windows 365 Cloud PC」についてもEnterpriseプランでは新規のWindows 11デスクトップの展開が可能になっています(Businessプランについては今後数週間のうちに対応予定)。

画面1 画面1 Windows 11 Enterprise評価版

 これから企業でWindows PCを新規導入する場合は、Windows 11対応デバイスのWindows 10プリインストールPC、またはWindows 11プリインストールPCを選択すればよいでしょう。企業の主力のクライアントPCとして長期間利用できるからです。

 しかし、既存のWindows 10クライアントをWindows 11に移行しようと考えているなら、慎重に検討してください。なぜなら、全てのWindows 10クライアントがWindows 11にアップグレードできるとは限らないからです。

Windows 11のハードウェア要件とハードウェア互換性のチェック

 Windows 11はWindows 10の後継となる、最新のデスクトップOSです。Windows 11のカーネルは、これまでWindows 10として開発されてきたカーネルの最新のパブリックビルドであり、まだ多くの部分はWindows 10の最新ビルドと共通であると思われます。しかし、これまでのWindows 10の機能更新プログラムとは異なり、全てのWindows 10デバイスがそのままWindows 11にアップグレードできるというわけではありません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。