ニュース
» 2021年10月26日 08時00分 公開

導入実績が多いクラウドサービスの種類は? monomodeが「クラウドサービスのカオスマップ」を公開約4割が「クラウドサービスを全社的に利用している」

monomodeは「テレワークに役立つクラウドサービス カオスマップ2021年度版」を公開した。クラウドサービスを「コミュニケーション」「バックオフィス」「セールス」の3つのジャンルに分け、約100件のサービスを掲載している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 monomodeは2021年10月25日、「テレワークに役立つクラウドサービス カオスマップ2021年度版」を公開した。クラウドサービスを「コミュニケーション」「バックオフィス」「セールス」の3つのジャンルと、ジャンルごとに11個のカテゴリーに分けた。

画像 「テレワークに役立つクラウドサービス カオスマップ2021年度版」(提供:monomode

手軽さに加えて、コストメリットも導入のきっかけに

 総務省の「令和2年通信利用動向調査報告書(企業編)」によると、テレワークを導入している企業の割合は47.4%で、「導入していないが、今後導入予定がある」企業を合わせると58.0%に上る。それに伴ってクラウドサービスの利用も進んでおり、同報告書によるとクラウドサービスを「全社的に利用している」割合は39.3%、「一部の事業部または部門で利用している」割合が29.2%となっている。

 monomodeは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大前の2018年と比べるとクラウドサービスを利用する企業の割合は12ポイント増加している。テレワークを導入する企業はこのカオスマップを参考にクラウドサービスの活用を進めてほしい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。