連載
» 2021年11月01日 05時00分 公開

PolyBaseのワーカーごとの処理に関する情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(56)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseのワーカーごとの処理に関する情報の出力について解説します。

[椎名武史,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_external_work」における、PolyBaseのワーカーごとの処理に関する情報の出力について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016以降です。

概要

 PolyBaseが外部テーブルに対して処理を実行すると、ワーカーごとに処置が実行されます。複数の外部テーブルを使用するクエリが実行された場合、それぞれの外部テーブルへのアクセスには異なるワーカーが使用されます。

 「sys.dm_exec_external_work」を実行すると、PolyBaseのワーカーごとの処理に関する情報を出力します。

出力内容

列名 データ型 説明
execution_id nvarchar(32) 要求に関連付けられているID
step_index int 手順のシーケンス内の位置
dms_step_index int DMSのシーケンス内の位置
compute_node_id int ノードのID
type nvarchar(60) 作業の種類
work_id int 分割されたID
input_name nvarchar(4000) 読み取る入力の名前
read_location bigint 読み取り位置のオフセット
read_command nvarchar(4000) 送信されるクエリ
bytes_processed bigint 処理のために割り当てられた合計バイト数
length bigint Hadoopの分割またはHDFSブロックの長さ
status nvarchar(32) ワーカーの状態
start_time datetime 開始日時
end_time datetime 終了日時
total_elapsed_time int ミリ秒単位の合計時間
compute_pool_id int コンピューティングプールのID

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。