ニュース
» 2021年11月04日 08時00分 公開

Microsoft、自然言語処理モデルGPT-3がAzureで使える「Azure OpenAI Service」を発表独占ライセンスに基づき招待制で提供

イーロン・マスク氏らが設立したOpen AIの開発による自然言語処理モデル「GPT-3」を、Microsoftが独占ライセンスの下で、Microsoft Azure のサービスとして提供開始すると発表した。GPT-3は、人間の書いた文章と見分けがつかないほど自然な文章を作成できるとして、注目を集めている。

[三木泉,@IT]

 Microsoftは「文章作成AI」として注目される「GPT-3」を利用できるサービス、「Azure OpenAI Service」を提供開始する。当初は「Invitation Only」、つまり同社が認めた限定的な顧客に対し、招待制で提供する。2021年11月2日(米国時間)、同社カンファレンスMicrosoft Igniteで発表した。

 GPT-3は、イーロン・マスク氏らが汎用人工知能の実現を目指して設立した非営利企業であるOpen AI が開発した自然言語処理モデル。高い精度で、人が書いたかのような自然な文章を生み出せるとして注目されている。

 GPT-3は、1750億個以上のパラメータを持つ世界最大の言語モデルという。このモデルは、インターネット上のWebやデジタル書籍など、45TB以上の小説、ビジネス、自然科学、人文科学、プログラミングなど、あらゆる分野のデータを学習しているため、ジャンルを問わず高い精度の自然な文章を作成できるとされている。

 GPT-3は汎用的なモデルであり、想定用途は幅広い。機械翻訳、文書の要約、ニュース記事、マニュアル、FAQ、チャットbotなど、さまざまな文章の自動作成に使える。Webデザインやプログラミングの支援にも利用できる。

実況コメントの要約を作成

 例えばMicrosoftは、バスケットボール試合の実況から、GPT-3が数秒のうちに 要約を複数作成し、人間のスタッフがこの中から最も適切なものを選んで順次ハイライトビデオを作る、という利用シナリオを紹介している。これらの要約をさらにまとめてGPT-3がクォーター全体の要約を作り、タイムリーにブログポストとして公開することもできると説明している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。