連載
» 2021年11月30日 05時00分 公開

並列クエリのワーカーの利用情報を出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(65)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、並列クエリのワーカーの利用情報を出力する方法について解説します。

[伊東敏章,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_query_parallel_workers」における、並列クエリのワーカーの利用情報を出力する方法について解説します。対応バージョンは、SQL Server 2016以降です。

概要

 SQL Serverでは、クエリを実行する場合に、内部で自動的に複数のスレッドを使用した並列処理を行う場合があります(並列クエリ)。並列クエリでは、SQL Serverは複数のプロセッサを使用して複数の計算やデータ操作を同時に行えますので、並列処理を行わない場合と比較して高速にクエリを実行できる場合があります。

 SQL Serverでは、クエリ実行要求はタスクとしてワーカーに渡され、ワーカーにスレッドが割り当てられて実行されます。ワーカー数の上限は、SQL ServerインスタンスとNUMA(Non-Uniform Memory Access)ノードで決められています。

 並列処理されないクエリの場合、クエリ実行要求に割り当てられるワーカーは1つです。並列クエリの場合には複数のワーカーが使用されるため、並列クエリが多数実行される環境では多くのワーカーが使用され、ワーカー数が不足する場合があります。

 「sys.dm_exec_query_parallel_workers」動的管理ビューを出力することで、NUMAノードに割り当てられたワーカーの使用中の数、未使用の数などの情報を確認できます。

 なお、SQL Serverの設定によって並列処理の並列数の上限を設定することは可能ですが、クエリ実行に並列処理を明示的に指定することはできません。

出力内容

列名 データ型 説明
node_id int NUMAノードID
scheduler_count int このノード上のスケジューラの数
max_worker_count int 並列クエリのワーカーの最大数
reserved_worker_count int 並列クエリによって予約されているワーカーと、全ての要求で使用されるメインのワーカーの数
free_worker_count int タスクで使用可能なワーカーの数
全ての着信要求は、少なくとも1つのワーカーを使用し、使用可能なワーカーの数から差し引かれる
負荷の高いサーバでは、負の数になることがある
used_worker_count int 並列クエリで使用されるワーカーの数

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。