ニュース
» 2022年02月02日 10時00分 公開

「Python」の求人倍率は53.1倍 レバテックが「正社員転職・フリーランス市場動向 2021年12月」を発表ITエンジニアの求人倍率は対前月比で17.8倍

レバテックは「正社員転職・フリーランス市場動向 2021年12月」を発表した。それによるとITエンジニアやクリエイターの正社員の求人倍率は対前月比で17.8倍となっており、特にPythonの求人倍率は53.1倍と高いことが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバテックは2022年1月31日、「正社員転職・フリーランス市場動向 2021年12月」を発表した。これは、レバテックが運営するITエンジニア向け転職エージェント「レバテックキャリア」と、フリーランスITエンジニア向け案件紹介サービス「レバテックフリーランス」のデータを分析し、ITエンジニアやクリエイターの正社員転職とフリーランス市場での需給の変化をまとめたもの。

「正社員の求人は年々増加している」

 それによると2021年12月の正社員の求人数は対前年同月比で100%増加しており、対前月比でも4%増加していた。求人倍率(求人数を転職希望者数で割った値)は対前月比0.3ポイント増の17.8倍だった。レバテックは「IT人材は慢性的に不足しており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行する中でも正社員の求人数は年々増加している」と分析している。

 求人倍率を職種・スキル別に見ると、最も倍率が高いのは「Python」で53.1倍だった。次いで、「Webディレクション」が27.9倍、「ネットワーク」が20.2倍だった。「Python」は求人倍率の増加率も大きく、対前月比で26.6ポイント増加しており、対前年同月比では44.3ポイント増加していた。これに対して「C#」「Java(B2B)」「HTML(ゲーム以外)」「Webデザイン」は前月よりも減少していた。

画像 スキル・職種別の求人倍率(提供:レバテック

フリーランスを対象とした案件数も増加

 フリーランスを対象とした2021年12月の案件倍率(案件数を業務委託案件希望者数で割った値)は対前月比で0.4ポイント増加し、3.8倍。案件数は前月と比べて6%増加した。レバテックは次のように分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。