ニュース
» 2022年02月10日 00時00分 公開

Microsoft、「Visual Studio 2022 バージョン 17.1」の最新プレビューを発表バージョン17.1はGit関連の機能強化が目立つ

Microsoftは「Visual Studio 2022 バージョン 17.1 Preview 5」を発表した。今回の修正点は軽微だが、これまでの複数のPreviewを通してGit関連の機能が強化されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2022年2月1日(米国時間)、「Visual Studio 2022 バージョン 17.1 Preview 5」(以下、Preview 5)を発表した。

 Preview 5はこれまでのPreview版にあった問題点の修正が大半を占めた。機能追加は「ATL CString」に「<=>」と「= =」演算子を追加したこと、link.exeの「/MACHINE」オプションに「ARM64EC」を追加した点だ。

 Visual Studio 2022 バージョン 17.1のPreview版は2021年11月8日に発表された「Preview 1」から始まり、「1.1」「2」「3」「4」を経ている。Preview版を通じて、Git関連の機能強化が目立つ。

 中でも、2022年1月5日に発表された「Visual Studio 2022 バージョン 17.1 Preview 2」(以下、Preview 2)が重要だ。新しいGit機能として「ブランチの比較」「コミットのチェックアウト」「マルチリポジトリブランチ操作」「行のステージング」を追加している。

ブランチの比較

 ブランチの比較では、チェックアウトしたブランチを、ローカルまたはリモートの任意のブランチと比較できるようになっている。ブランチを比較して違いを知ることは、プルリクエストの作成やマージ、ブランチの削除の際に非常に役立つ。

ブランチの比較(提供:Microsoft

 現在チェックアウトしているブランチを他のブランチと比較するには、ステータスバーや[Git変更]ツールウィンドウに表示されるブランチピッカーを使って、比較対象のローカルブランチやリモートブランチを選択すればよい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。