ニュース
» 2022年03月10日 08時00分 公開

「過去に経験がない異常予兆」をAIで検知するシステムを開発 大阪ガスと宇部情報システム正常範囲内の小さな異常も検知

大阪ガスと宇部情報システムは、AIによって過去に経験がない異常予兆を早期に検知するシステムを開発した。異常時のデータと同じかどうかではなく、正常時の製造運転データから外れているか否かで異常を判定する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 大阪ガスと宇部情報システムは2022年3月8日、AI(人工知能)で「過去に経験がない異常予兆」を検知するシステムを開発したと発表した。

画像 異常予兆検知のイメージ(提供:大阪ガス

「AIモデルの再学習」も利用者側で実施可能

 大阪ガスと宇部情報システムは、従来のAIを活用した異常予兆検知システムとの違いについて「『過去に経験したトラブル時の異常データ』を学習させるのではなく、『正常時の製造運転データ』を学習させる。そこから外れた場合に異常と判定することで、経験したことがないトラブルでも検知できる」と説明する。

 また、従来の異常データを基にした検知システムは「正常動作のしきい値を超えているか否か」で異常を判定していたため、「正常動作の範囲内で発生した小さな異常」は検知が難しいという課題があった。大阪ガスと宇部情報システムが開発したシステムは正常時のデータを基にしているため、こうした「小さな異常」も検知できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。